ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「ZOL」の全記事一覧
  • 円高進行を嫌気し日経平均は246円安と4日ぶりに反落 - 市況概況 https://info.monex.co.jp/report/gaikyo/20170123_02.html

    [2017年01月23日]
    日本株式市場 中国株式市場

  • トランプ新政権発足後の初期反応は円高・株安 0007100020170123001

    [2017年01月23日]
     23日の日経平均は大幅に反落。246.88円安の18891.03円(出来高概算17億7000万株)で取引を終えた。トランプ新政権発足後の初期反応は円高・株安だった。トランプ物色への期待があったが、朝方から為替市場では1ドル113円台と円高に振れており、これを受けた日経平均は3ケタの下落で始まった。寄付き直後に18900円を下回った日経平均は、その後下げ渋るなか、午後には日銀のETF買い入れへの思

  • Vテク、エストラスト、東芝など 0007050020170123001

    [2017年01月23日]
    <4812>  ISID  1906  +143大幅反発。16年12月期の連結業績予想の修正が材料視されている。金融機関向けやグループ向けが計画を下回り、売上高を820.13億円から797.83億円と若干引き下げた。一方、営業利益を57.00億円から64.88億円に引き上げたことが好感された。自社開発のソフトウェア製品の計画比増収や、不採算案件の抑制などが寄与。また、期末配当を8円増の29円(従来

  • 通期予想を上回る増益率となっている最高益更新銘柄は - 投資のヒント https://info.monex.co.jp/report/hint/20170123_01.html

    [2017年01月23日]
    先月から始まった小売り企業を中心とした2月決算銘柄の第3四半期決算発表も終わりとなりました。百貨店のように衣料品の販売不振や訪日外国人の高額品の消費減速などが響き厳しい決算が目立つ企業もありましたが、東証1部上場企業でみると伸び率こそ低下したものの、昨年11月までの9カ月間累計では5%程度の増益を確保しています。 こうしたなか最高益更新が予想される銘柄も少なからずみられます。そこで今回はそうした最

  • 出来高変化率ランキング(14時台)~大塚HD、大阪チタがランクイン 0009350020170123042

    [2017年01月23日]
    ※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。■出来高変化率上位 [01月23日 14:57]コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率<7717> Vテクノロジー    3149000  196940  1498.96% 16.99%<3624> アクセルマーク    702900 

  • 協栄産---急反発、サンリオ子会社と案内業務を行うヒト型ロボットを共同開発 0000260020170123029

    [2017年01月23日]
    <6973>  協栄産  171  +11急反発。前場に一時207円まで上げ幅を広げる場面も。サンリオ子会社と協業し、案内業務を行うヒト型ロボットを開発、同ロボットを成田空港に設置すると報じれらている。人間に代わってトイレや出国ゲートなどの場所を案内することが可能で、2月中旬以降に実証実験を行うもよう。日本語と英語に対応する他、音声認識機能も備えており、会話も可能なようだ。

  • 東製鉄---大幅反発、想定を上回る第3四半期決算を好感 0000260020170123028

    [2017年01月23日]
    <5423>  東製鉄  1013  +64大幅反発。17年3月期の第3四半期決算と通期予想の上方修正を発表している。営業利益は前年同期比39.0%減の84.2億円で着地した。原料鉄スクラップ単価の値上がりが、製品出荷単価の上昇を上回ったものの、生産数量の増加によるコストダウンと出荷数量の増加による増益が寄与し、3Qの業績は想定を上回る進捗に。なお、同社は通期の純利益予想を90.00億円から95.

  • 五洋建---小じっかり、官民連携で横浜にクルーズ専用港 0000260020170123027

    [2017年01月23日]
    <1893>  五洋建  561  0小じっかり。官民が連携してクルーズ船専用港の整備に乗り出すと報じられている。国と自治体が専用埠頭をつくり、クルーズ船会社が旅客ターミナルを建設すると伝えており、海洋土木企業への手掛かり材料に。株価はボトム圏からのリバウンドをみせてきており、上値抵抗の25日線突破が意識されてきそうだ。

  • REMIX---ストップ高、香港企業へ仮想通貨取引システムをホワイトラベル提供 0000260020170123026

    [2017年01月23日]
    <3825>  REMIX  248  +50後場ストップ高まで急伸。子会社のビットポイントジャパンが、香港で金融機関向けマーケティング受託及びカスタマーサポート受託等の事業を営むTOP WISDOM社へ、仮想通貨取引システムをホワイトラベル提供することが決定したと発表している。これに伴い、ビットポイントはTOP WISDOMと香港において仮想通貨取引所を運営する合弁会社を設立する。ビットポイント

  • ローソン---続伸、ローソン全店で中国人旅行者がスマホで支払い可能に 0000260020170123025

    [2017年01月23日]
    <2651>  ローソン  8050  +40続伸。中国の旧正月・春節に合わせて、スマートフォンを使って簡単に支払いができる中国の決済サービスを23日からすべての店舗に拡大したと報じられている。足下で調整が続いているが、続伸で上値抵抗の5日線を突破してきている。

  • 出来高変化率ランキング(14時台)~アクセルマーク、ダイトーケミがランクイン 0009350020170123039

    [2017年01月23日]
    ※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。■出来高変化率上位 [01月23日 13:25]コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率<7717> Vテクノロジー    2134800  196940  983.98% 14.6%<3624>* アクセルマーク    584400  

  • 先週の米国株式市場-大統領就任式を前にダウ平均は続落- - 米国株 Market Pick Up 今週の注目ポイント https://info.monex.co.jp/report/market_us/20170123_01.html

    [2017年01月23日]
    先週の米国株式市場 ―大統領就任式を前にダウ平均は続落― <先週の概況>先週の米国市場は、ダウ平均が週間で58ドル安と続落しました。20日に大統領就任式を控えるなか、週初から下げて始まったダウ平均は19日まで5日続落となりました。 就任式当日は企業の決算発表が良好だったこともあり、94ドル高と反発しています。 なお、16日はマーティン・ルーサーキングデーの祝日で休場でした。 米国株式市場バリュ

  • サイバーS---一時ストップ高、クレーンゲームアプリ「トレバ」で大規模増台 0000260020170123024

    [2017年01月23日]
    <3810>  サイバーS  1273  +238一時ストップ高。クレーンゲームアプリ「トレバ」の筐体台数について、4月までに現在の 160台から100台増台し、合計260台の稼働になると発表している。増台は3月中から実施し、4月中に完了予定という。なお、1月13日に公式サイトを公開した新作スマートフォンゲームや、18日に発表したサンリオ<8136>とのライセンス締結が期待材料となり、同社株価は前

  • シャープ---続伸、米国に液晶パネル工場を新設との報道で思惑も 0000260020170123023

    [2017年01月23日]
    <6753>  シャープ  308  +11続伸。鴻海精密工業の郭氏が、米国に液晶パネル工場を新設する検討に入ったと発表したことが材料視されている。投資額は8000億円規模で、米アップルも投資する見込みと。現地生産により、輸送コストなどが大きく抑えられる。また、同氏は「米国に期待するのは、安い土地と電力だ。これらの条件を整えてくれるよう期待する」と述べており、国内雇用の創出を狙うトランプ新政権から

  • 東芝---急伸、半導体事業の分社化は外資系ファンドの関心高く安心感広がる 0000260020170123022

    [2017年01月23日]
    <6502>  東芝  268.2  +21.5急伸。メモリー半導体事業の分社化で、米シルバーレイク・パートナーズなど外資系ファンド4社が新会社への出資候補として名乗りをあげたと報じられ材料視されている。その他、キヤノン<7751>なども支援を検討しているもよう。また、日本政策投資銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は、各行で立ち上げた投資ファンドを活用して、東芝の財務改善を支える検討に入ったと報じられ

  • 五洋インテ---急伸、子会社で不動産収益物件情報提供サービスを開始 0000260020170123020

    [2017年01月23日]
    <7519>  五洋インテ  110  +5一時126円まで急伸。子会社のレックアイが不動産収益物件情報提供サービス「IEZOW(いえぞう)」を開発し、1月23日にサービスを開始したと発表している。レックアイは船井総合研究所(船井総研ホールディングス<9757>)をはじめとする、複数のパートナー企業との共創によるセミナー共同開催や商品企画・開発、事業活動を進めており、第1弾として地方不動産の活性化

  • Fブラザーズ---2016年11月期配当額を決定。直近の配当予想通り1株当たり50円に 0000260020170123021

    [2017年01月23日]
    <3454>  Fブラザーズ  1790  -36ファーストブラザーズ<3454>は20日、2016年11月期末配当を50円とする事を決議したと発表。同社では、業績連動型の配当ではなく株主資本配当率(DOE)2.0%を目安とした配当を行っている。2016年11月期の配当については、東証一部への市場変更を記念した25円の記念配当を実施し、普通配当25円と合わせ、1株当たり50 円とする。2017年1

  • 後場に注目すべき3つのポイント~シグナル悪化、トランプ銘柄は押し目拾いのスタンス 0009340020170123022

    [2017年01月23日]
    23日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・シグナル悪化、トランプ銘柄は押し目拾いのスタンス・ドル・円は113円55銭、ドル・円は弱含み、日本株安に警戒感・ゲンダイAG、santec、プラッツなど9社がストップ高■シグナル悪化、トランプ銘柄は押し目拾いのスタンス日経平均は大幅に反落。203.34円安の18934.57円(出来高概算8億6000万株)で前場の取引を終えている。朝方から為

  • 北の達人---株主優待の拡充を発表 0000260020170123018

    [2017年01月23日]
    <2930>  北の達人  543  +10北の達人コーポレーション<2930>は20日、株主優待の拡充を発表した。同社は健康美容食品や化粧品のネット通販会社で、株主優待制度を毎年2月末日に実施している。昨年はくすみ用洗顔「二十年ほいっぷ」(定価2,037円(税込))の同社製品だったが、変更後は、毛穴集中対策スリーピングパック「CARE NANO PACK-ケアナノパック-」(定価4,776円(税

  • エボラブルA---ベトナム法人とグリーが共同出資でジョイントベンチャー設立を発表 0000260020170123019

    [2017年01月23日]
    <6191>  エボラブルA  2972  +61エボラブルアジア<6191>は20日、同社のベトナム法人であるEvolable Asia Co., Ltd.がグリー<3632>とジョイントベンチャー「GREVO Co., Ltd.(グレボ)」を設立すると発表。Evolable Asia Co., Ltd.が61%、グリーが39%を出資する。今回のジョイントベンチャーの設立により、グリーの持つゲー

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事