武家屋敷の地が
お屋敷町に

 目白台・雑司ヶ谷の一帯は、江戸時代に武家屋敷、下屋敷の抱屋敷、下屋敷が立ち並びはじめてから街の体裁を整えた。ただし記録に残る歴史は古く、雑司ヶ谷の名前は、後醍醐天皇の雑色(そうしき)、つまり下級役人等がこの地に住みついたことに由来すると伝えられている。

 目白台からみれば谷にあたる音羽の一帯は、江戸時代に護国寺の門前町として栄えた。雑司ヶ谷には将軍家の鷹狩り場があった。将軍の「お成り」の多かったこの地に、やがて武家屋敷が広がってゆく。現在の東大病院分院は松平家、日本女子付属小学校は大岡主膳正(大岡越前の子孫)の屋敷、新江戸川公園は細川越中守の抱屋敷だった所である。雑司ヶ谷には時代劇で有名な大久保彦左衛門の屋敷もあった。

 武家地の周りを農村が取り巻いていたこの時期、一帯は行楽地の一つでもあった。鬼子母神をはじめとする多くの寺院に参拝のついでに、目白台の椿山を眺めて、というわけである。

 明治に入り、武家屋敷の多くは政府に没収され、他に転用されていく。ただし、都心からやや離れた場所にあるので、住宅が建てこむ、といった方向へは進まなかった。安藤対馬守下屋敷は最初種苗園となり、明治7年、共同墓地に。いまは住居表示で南池袋となっている雑司ヶ谷墓地である。町の再生はゆっくりと行なわれた。

 ピッチが上がったのは明治36年、山手線開通のためである。目白、池袋から近い地域から、徐々に宅地化が進む。

 住宅の密集がなく、南に神田川が横たわる高台は、関東大震災の被害を最小限に止めた。これが、街の人口増加をもたらした。被害者が集まった「安全な土地」に住宅が建つようになり、昭和の初期にはベッドタウンとしての様相をみせた。坂の下の音羽一帯が印刷所の街として工場が密集したのと好対照な、別天地の高級住宅が出現していく。

 戦火を経た後も、この一帯の風情はそう変わらない、と付近の住民はいう。学校は動かず、もと山県有朋邸の椿山荘も復旧された。緑が多かったため、焼け残った建物も多かった。

 お屋敷町の性格を色濃く残しながら現在へ。脚光を浴びたのは、田中角栄元首相が現役だった時代のみだろうか。新聞記者たちが張り込みを続けたその街並みも、いまはすっかり静けさをとり戻している。