ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

中途入社いじめは、なぜ職位が高いほど激しいのか

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]
【第45回】 2016年9月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「このポジション、あなたで4人目だよ」
転職者が嫌がらせのターゲットに

トップ肝いりでの入社、なのに社内はあなたの敵ばかりかもしれません

 「改革を先導してほしい」という社長の意思を受け重要な部門の幹部として転職してみたものの、社長の熱心さとは裏腹に社内は冷淡でメンバーは笛吹けど踊らず。その後、社内ナンバー2や取り巻きの部長が暗躍し始め、あることないこと吹き込まれて社長から色眼鏡で見られるようになり、些細なことが原因で社長との関係が決裂し退職せざるを得なくなる……。

 そんな魑魅魍魎が跋扈する小説のようなケースは実際にあります。高位のポジションで採用された人を、周囲がいじめたり嫌がらせしたりして退職に追い込もうとするわけです。なかには配属されたとき、取締役から「このポジション、あなたで4人目なんだよね……」と脅かしまがいの言葉をぼそっとささやかれた人もいました。

 とくに「改革のために採用された人材」といった旗を掲げられると、陰に陽に潰そうという意思をもって抵抗勢力から足を引っ張られたりします。

 以前、ある上場企業に経営企画室長として転職した方がいました。この会社は超ワンマン経営で社員の定着率もよくないのですが、そんな環境を承知の上での入社でした。

 それでも入社してみると驚くことばかり。たとえば前任者からの引き継ぎ資料がない。さらには業務に必要なデータもまったくない。より正確に言うと、データ自体があるのかないのかよくわからない。関連部署に問い合わせると「提出しました」と言ってくるのですが、部員にデータを提出するよう指示すると「そんなデータはありません」との答えしか返ってこないのです。

 結局、データが出てこないのは周囲が足を引っ張っているのが原因でした。この会社はすべてを創業経営者が決め、トップの覚えがめでたい人は出世し、そうでない人はすぐ切られるというところなので、新しく入ってきたライバルの出世を阻止すべく周囲が身動きを取れないように仕組んでいたのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

丸山貴宏 [株式会社クライス・アンド・カンパニー代表取締役]

1986年滋賀大学経済学部卒業後、リクルート入社。7年間人事担当採用責任者として新卒、中途、留学生、外国人など多岐にわたる採用を担当し同社の急成長を人材採用の側面から支える。退職後現社を設立。リクルートで実践した「企業力を超える採用」の実現のため1000社を超える顧客にそのノウハウを提供、さまざまな分野の支援を実現。また個人へのキャリアコンサルティングは1万名を超え、「個人の本気に火をつける」面談には定評がある。49歳。1963年生まれ、いて座。

 


転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」

⇒バックナンバー一覧