ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏

35歳以上の転職がもはや当たり前の時代になり、これからはより多くの人が転職を意識することになる。しかしそのときに「転職の作法」を全く知らないがために、失敗し続けてしまっては本末転倒だ。この連載では、失敗した人を具体的な事例として出しながら、何が悪かったのか2万人を見てきた転職コンサルタント丸山貴宏の視点で一刀両断。成功へと導く手助けをします。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「転職で幸せになる人、不幸になる人 丸山貴宏」の全記事一覧
  • 第50回 「35歳で転職10回」でも企業が欲しがる人の職種と特徴 

    [2016年11月28日]
    転職希望者から「転職回数は何回まで大丈夫ですか?」とよく聞かれますが、そんな心配はご無用!転職回数だけを理由にマイナス評価をするような人事担当者は少なくなってきているようです。

  • 第49回 40代の転職、優秀でも「使いにくい人」は敬遠される 

    [2016年11月14日]
    40代の転職者が増加しているようです。どんなに優秀であっても、面接で失敗してしまうことも少なくありません。今回は40代にスポットをあて、転職できる人にはどんな特徴があるのかについて触れます。

  • 第48回 35歳以上で転職してはいけない人、2つのタイプ 

    [2016年10月31日]
    「会社の方針と合わない」を理由に転職という文字がよぎっていませんか?転職すると今まで築いてきた自分の信用残高はゼロになります。転職する前に自分が働きやすい職場にするには何をすべきか、コンサルタントの事例をヒントに考えてみましょう。

  • 第47回 35歳以上の転職市場がここへ来て活況な3つの理由 

    [2016年10月17日]
    最近の労働市場の変化として大きいのは、35歳以上の転職が盛り上がっていることです。30代後半はもちろん40代、50代の転職も、もはや珍しくなくなっています。つい先日弊社でも55歳の候補者の転職が決定しました。

  • 第46回 「スカイプ面接」の罠、熟練の面接官でも判断ミス 

    [2016年10月03日]
    最近、遠距離や海外にいる候補者との「スカイプ面接」が増えています。採用競争が激しくなっている現在、悠長に実際に会う面接にこだわっていれば、それこそスカイプ面接をやっている他社に後れを取ってしまいます。

  • 第45回 中途入社いじめは、なぜ職位が高いほど激しいのか 

    [2016年09月05日]
    トップの肝いりで重要な部門の幹部として転職したものの、現場は冷淡かつ足を引っ張る人ばかりで、嫌がらせを受ける…。こんな中途入社いじめに合う人は少なくありません。しかもポジションが高いほど、いじめに合うケースは増えるのです。

  • 第44回 Uターン転職が盛り上がらない本当の理由 

    [2016年08月22日]
    今、地方創生が叫ばれる中、東京をはじめとする大都市から地方への転職が盛り上がっているかというと、そうとはいえません。Uターン・I転職に取り組む多くの人材紹介会社を見ると、かなり苦戦しているからです。

  • 第43回 50代になっても転職できる人は何が違うか 

    [2016年08月08日]
    最近、転職が決まった人をあらためて見ていて気付くのが50代の転職が増えていることです。物流の専門家、社内システム構築の達人、ある分野の研究者……。その多くは高い専門性を持った、いわばスーパーオヤジというべき人たちです。

  • 第42回 大企業出身者が中小企業に転職すると必ず挫折する理由 

    [2016年07月25日]
    かつては超大手企業出身は、中小企業から非常に喜ばれました。しかし最近は「この人、大丈夫ですか?」と警戒した反応を受けます。大企業出身者が中小企業やベンチャー企業に転職すると、成果をあげられずにつまずいてしまうケースがあるからです。

  • 第41回 「管理職になると転職で不利になる」は本当か 

    [2016年07月11日]
    業界や職種にもよりますが、以前は管理職経験がないことはマイナスにとらえられがちでした。しかし最近はそういうことが減っていると感じます。管理職経験より専門性や旬なテーマへの関わりがない人のほうが転職市場におけるバリューは低くなっています。

  • 第40回 転職で良い仕事をつかめる人、つかめない人の違い 

    [2016年06月27日]
    30代中盤に差しかかってくると、30代前半の頃のようなオファーが舞い込んでくることはあまりありません。ご縁を結べるのは一度だけ、チャンスはそれほど転がってはいないのです。ではどうすれば数少ないチャンスをつかめるのでしょうか。

  • 第39回 「出戻り転職」で歓迎される人、裏切り者扱いの人 

    [2016年06月13日]
    最近「出戻り転職」を見かけるようになりました。個人の視点に立つと、出戻り転職も一つのキャリアの選択肢となる可能性はありますが、業界や企業によってその扱いはさまざま。オーナー企業では、「裏切り者」として認識されがちです。

  • 第38回 「本物のオタク」の価値が転職市場で急上昇中 

    [2016年05月30日]
    最近、企業の評価ポイントとして価値が高まっているのが、自分の興味のある分野へ強烈に傾倒する人、いわゆる「オタク」です。バランスのとれた人より、何か尖った強みや専門性を持つ人がより高く評価される傾向にあります。

  • 第37回 なぜ「見た目の若い人」ほど転職に有利なのか 

    [2016年05月16日]
    40代に入る頃から大きく個人差が出てくるようになるのが「見た目の若さ」です。「童顔」「老け顔」といった話ではなく、ここでは全身から醸し出される若々しさのことを指しています。企業は老けて見える人より、見た目の若い人のほうを欲しがります。

  • 第36回 転職面接の成否は「服装選び」から始まっている 

    [2016年05月02日]
    転職活動をしている人からのご相談で意外と多いのが、「面接での服装」に関することです。最もよくあるパターンは普段、ラフな服装で仕事をしている会社に勤めている人が「面接にはスーツを着ていかなければいけませんか?」というものです。

  • 第35回 あなたの「辞め方」を会社も同僚も見ている 

    [2016年04月18日]
    内定が出れば転職活動は終わりではありません。いま勤務している会社の退職手続きを終え、内定が出た会社へ入社したときに転職活動は終了します。ところが、引き継ぎを含めた退職手続きをいい加減にやったり、なかなか退職できずにいる人を見かけます。

  • 第34回 「嫁キャリア優先」夫婦が陥る危機 

    [2016年04月04日]
    最近、夫より妻のキャリアを優先する、いわば「嫁キャリア優先」の選択をよく見かけます。先日は妻が海外への転勤が決まったので、それに合わせて自分は勤務会社を退職し、妻と一緒に現地へ移り住み子育てに専念するという男性に出会いました。

  • 第33回 転職活動が会社にバレる意外な“あの行動” 

    [2016年03月07日]
    転職活動=浮気と言われることがあります。もちろん転職は悪いことではありませんが、転職活動が会社側に知られると、軋轢が生じるケースがよくあります。では、会社の上司や同僚に気づかれないよう転職活動を進めるにはどうすればよいのでしょうか。。

  • 第32回 夫の転職を妻が阻止!“嫁ブロック”に屈する男たち 

    [2016年02月22日]
    転職が当たり前となった現在、夫の転職を阻む「嫁ブロック」は、現在多くの人の興味を引くワードになっています。SMAPの解散騒動のときには「キムタクも嫁ブロック!?」などと報じられました。そこで今回は嫁ブロック最新事情について紹介しましょう。

  • 第31回 故意でなくても採用取消に!履歴書詐称の落とし穴 

    [2016年02月08日]
    人材紹介の仕事を始めてから20年以上経ちましたが、定期的に遭遇するのが候補者の「履歴書詐称」です。年に1回は遭遇します。詐称といっても幅があり、本物の詐欺師からちょっと誤魔化そうとする人、悪意はないが経歴詐称になってしまった人がいます。

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事