ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

MRJ、5度目の納期遅延なら致命傷になる理由

週刊ダイヤモンド編集部
2016年9月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
愛知県営名古屋空港に引き返したMRJ。高温の空気の漏れを検知する機器の不具合が原因だった Photo:読売新聞/アフロ

 三菱重工業傘下の三菱航空機が手掛ける「三菱リージョナルジェット(MRJ)」が8月下旬、米国へ飛び立ったが、機器のトラブルにより、2日連続で途中で引き返した。

 MRJの納入時期を4度、延期してきた三菱航空機にとって、2018年半ばの初号機の納入がさらに遅れることは致命傷になる。

 それを避けるために、試験飛行を行いやすい米国に早く機体を運び、安全運航の“お墨付き”である型式証明の取得作業をスピードアップさせる予定だった。だが、今回の失態で米国への機体到着は9月下旬以降にずれ込む見通しだ。

 トラブルの原因は空調の異常を検知するセンサーだ。2系統のうち一つの故障であり、通常の運航なら、そのまま飛ぶこともあるトラブルだった。政府関係者は「これまで出なかったマイナーな不具合が、重要局面で出るとは不運だ」としつつ、「引き返すのは慎重過ぎたのではないか」と指摘する。

縮小する先行者メリット

 三菱航空機関係者は「今回のUターンが納期に影響しないようにする」と話すが、MRJの顧客である航空会社は冷めた視線を送る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧