ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

京都への文化庁移転、高まる反対と受け入れ態勢の難

週刊ダイヤモンド編集部
2016年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 東京一極集中の是正を狙った「地方創生」の一環である中央省庁の地方移転計画。今年3月、文化庁の京都移転が正式に決定した。

文化庁の京都移転が正式に決まり喜ぶ関係者。京都商工会議所のみならず、関西広域連合など、関西の経済界からの期待も大きい Photo:朝日新聞社

 京都にとって文化庁誘致は、「30年来の悲願」(京都市京都創生担当)。これまで、元京都大学名誉教授の河合隼雄氏が文化庁長官を務めていた2002年、分室を京都市に開設するなど、長年の熱心な誘致活動が実を結んだ形だ。

 7月には移転実証実験が行われ、9月1日の「まち・ひと・しごと創生本部」による決定では、来年度から「地域文化創生本部(仮称)」を設置し、文化庁の一部を先行移転させることも明記され、数年以内には全面移転の見通しだ。

 しかし、今月に入り、反対の声が各所から上がり始めた。文化芸術組織で構成される「文化芸術推進フォーラム」や、日本音楽著作権協会(JASRAC)などが、京都移転への反対声明を正式に発表。もともと他の自治体からは「メリットがあるのは京都のみ」という不満が漏れていただけに、反対の輪が広がりを見せた格好だ。

 京都側の関係者は「いちいち相手にしていられない」と息巻くが、来年度からの先行移転には「国民の理解を得る」という目的もあるため、内心穏やかではあるまい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧