ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 人口減少の経済学

国内の貯蓄超過は経常収支の黒字に対応する

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第8回】 2010年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまで、家計、一般政府、民間非金融法人企業について、貯蓄と投資のバランスを見てきた(この他に、金融機関、対家計民間非営利団体があるが、貯蓄と投資のバランスに関しては大きな比重を占めていないので、ここの議論では省略している)。

 ところで、国内における投資が貯蓄を超えれば経常収支は赤字になり、貯蓄が投資を超えれば経常収支は黒字になる。

 その理由はつぎのとおりだ。

 まず、事後的には、生産と支出は必ず等しくなければならない。ここで、生産は国内生産と輸入の和であり、支出は消費、投資、輸出からなる(消費と投資は、家計、一般政府、法人企業などによるものの和)。また、国内の純生産(生産から資本減耗を差し引いたもの)は、賃金、利潤、利子などの所得として分配される。したがって、投資として純投資(総投資から資本減耗を差し引いたもの)をとれば、

 所得+輸入=消費+投資+輸出

の関係が成立する。貯蓄は所得から消費を引いたものであるから、

  貯蓄-投資=輸出-輸入 (1)

の関係が成立する。これが上で述べた関係である。

 日本の経常収支は1960年代以降黒字基調となった。80年代からの推移を見ると、【図表1】に示すとおりである。81年度以降は継続して黒字であり、2003年度以降3%を超える水準となり、06、07年度は4%を超える極めて高い水準になった。経済危機の影響で08年度には低下したが、それでも黒字は維持している。

 経常収支の黒字が継続したのは、国内において貯蓄が投資を継続的に上回っていたことを意味している。これまで見てきたように、90年代以降、家計と一般政府では貯蓄が減少した。それにもかかわらず、経常収支の黒字が継続したのは、民間非金融法人企業部門の貯蓄と投資の差が大幅に拡大したからである。

 経済危機以前の期間においては、経常収支の黒字がむしろ拡大したことに注意が必要だ。2007年度における黒字は、01年度の黒字の2.1倍にもなっている。この間における企業部門での貯蓄投資差の拡大がいかに顕著であったかが分かる。

事後的な恒等式と因果関係は別

 ここでつぎの点に注意が必要だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 人口減少の経済学

現在、人口減少が避けられない状況にある日本。人口構造の大きな変化は、経済パフォーマンスやさまざまな問題と深く関連しているが、政策などに十分に考慮されていないのが現状だ。本連載ではそうした状況に疑問を呈すべく、人口減少と経済問題などとの関連性を深く分析していく。

「野口悠紀雄 人口減少の経済学」

⇒バックナンバー一覧