ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いま世界の哲学者が考えていること
【第9回】 2016年10月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
岡本裕一朗

現実のものとなった人体改変の衝撃――ポスト・ヒューマンとは何か?

1
nextpage

世界の哲学者はいま何を考えているのか――21世紀において進行するIT革命、バイオテクノロジーの進展、宗教への回帰などに現代の哲学者がいかに応答しているのかを解説する哲学者・岡本裕一朗氏による新連載です。いま世界が直面する課題から人類の未来の姿を哲学から考えます。9/9発売からたちまち重版出来の新刊『いま世界の哲学者が考えていること』よりそのエッセンスを紹介していきます。第9回はバイオテクノロジーの発展がもたらす人体改変の衝撃とその思想的意義を解説します。

「ポスト・ヒューマン」の衝撃

今回は、現代におけるバイオテクノロジーの発展が、私たち「人間」をどこへ導くのか、考えてみましょう。1950年代に、ワトソンとクリックがDNAの「二重らせん」構造を解明して以来、生命科学と遺伝子工学が飛躍的に発展しました。現在では、自然界に存在しなかった生物でさえ、人為的に作製できるようになったのです。こうして、BT(バイオテクノロジー)革命と呼ばれる時代が到来しました。

今まで、バイオテクノロジーの向かう先は人間以外の生物でした。遺伝子組み換えやクローン動物の作製にしても、基本的には人間以外の生物が対象とされてきました。人間を例外としたうえで、人間のために他の生物種を遺伝子工学的に操作するわけです。こうしたバイオテクノロジーを人間に応用したとき、何が生じるのでしょうか。

あらためて言うまでもありませんが、人間もまた生物種の一つ、すなわち哺乳類に属していますから、人間に対する遺伝子操作は原理的には可能でしょう。1970年代には、いわゆる「試験管ベビー」が誕生することで、受精卵に対する操作も可能になっています。また、20世紀末から「ヒトゲノム計画」が始まりましたが、21世紀の初めには予想よりも早く完了し、今では人間のDNA情報がすっかり解読されています。とすれば、人間に対する遺伝子操作が日程に上るのも、それほど遠くないと思われます。

実際に2015年、中国で人間の受精卵に「ゲノム編集」を行なった、という報告が発表されました。テクノロジーの論理からすれば当然のことですが、これはいったい何を意味するのでしょうか。また、このテクノロジーは、私たち人間をどこへ連れていくのでしょうか。こうした事態を、私たちはどう考えたらいいのでしょうか。

今日において、バイオテクノロジーが「人間」にとって、どんな意味をもつかを考えるために、21世紀初め、アメリカで展開された論争を取り上げることにしましょう。人間の遺伝子組み換えが、もはやSFの世界ではなくなり、その是非が本格的に議論されるようになったのです。

発端となったのは、ほぼ同時期に発売された二つの著作です。その一つは、政治学者フランシス・フクヤマが書いた『人間の終わり―バイオテクノロジーはなぜ危険か』(2002年)です。その中でフクヤマは、「ポストヒューマン(人間以後)」という言葉を使いながら、バイオテクノロジー革命について、次のように展望しています。

本書の目的は、(中略)現代のバイオテクノロジーが重要な脅威となるのは、それが人間の性質を変え、私たちが歴史上「ポストヒューマン(人間以後)」の段階に入るかもしれないからだ、と論じることである。これが重要なのは、人間の本性(自然)が存在し、しかも意味ある概念として存在し、そのおかげで一つの種としての私たちの経験が安定的に続いてきたからである。

こう述べるとき、フクヤマが展開する論拠は、必ずしも明快とは言えません。というのも、人間の遺伝子組み換えがなぜ悪いのか、はっきりしないからです。けれども、彼がバイオテクノロジーの未来を「ポストヒューマン」と表現したのは適切だと思います。フクヤマは、この「ポストヒューマン」に反対して人間の尊厳を擁護するのですが、残念ながら、その議論は成功していません。フクヤマとは逆に、遺伝子組み換えが人間の改良につながる、と考えることもできるはずです。

この視点から議論を展開したのが、科学者のグレゴリー・ストックです。彼は、フクヤマの本とほぼ同時に、『それでもヒトは人体を改変する―遺伝子工学の最前線から―』(2002年)を出版しました。フクヤマとストックでは、バイオテクノロジーに対する態度がまったく違っています。ストックは、バイオテクノロジーの成果を積極的に取り入れ、「費用、安全性、有効性」の条件がクリアされるならば、人間に対する遺伝子組み換えも賛成すべきだと主張します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岡本裕一朗[玉川大学文学部教授]

1954年、福岡に生まれる。九州大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。九州大学文学部助手を経て、現在は玉川大学文学部教授。西洋の近現代思想を専門とするが、興味関心は幅広く、領域横断的な研究をしている。
著書に、『フランス現代思想史―構造主義からデリダ以後へ』(中公新書)、『思考実験―世界と哲学をつなぐ75問』『12歳からの現代思想』(以上、ちくま新書)、『モノ・サピエンス―物質化・単一化していく人類』(光文社新書)、『ネオ・プラグマティズムとは何か―ポスト分析哲学の新展開』『ヘーゲルと現代思想の臨界―ポストモダンのフクロウたち』『ポストモダンの思想的根拠―9・11と管理社会』『異議あり! 生命・環境倫理学』(以上、ナカニシヤ出版)、共著に『ヘーゲル入門』(河出書房新社)、『差異のエチカ』(ナカニシヤ出版)、共訳にトマス・ネーゲル『哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門』(昭和堂)などがある。


いま世界の哲学者が考えていること

IT革命とBT革命が人類の未来を変える? 資本主義は21世紀でも通用するのか? 世界が再び宗教へと回帰していくのはなぜなのか? 21世紀最先端の哲学者が描き出す人類の明日とは。AI、遺伝子工学、フィンテック、格差社会、宗教対立、環境破壊……世界の難問がこの一冊でクリアに解ける!

「いま世界の哲学者が考えていること」

⇒バックナンバー一覧