ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
運動しない、運動嫌いの人にこそ効果のある、革命的ストレッチ
【第3回】 2016年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
松村卓 [ スポーツケア整体研究所代表 ]

「歩く」「走る」の動作を変えると、
疲れにくい体に変わる

1
nextpage

シリーズ累計30万部の「骨ストレッチ」。驚くほど簡単なのに、効果に喜ぶ人が多い。前回紹介した「ダブルT」を応用して、歩く、走る、という日常動作をラクにして疲れにくい体に変えよう。

立ち方を変えると、
ラクに歩けるようになる

 前回ご紹介した「ダブルT」の立ち方は、ウォーキングにも活用ができます。

★【復習】ダブルTの立ち方★
 まず両脚を肩幅に開き、左右の脚の中指からかかとへと通る縦のラインと、くるぶしの両側を結ぶ横のラインの交点を意識して立つようにしてください。
 2枚のA4サイズの紙にそれぞれTの字を書き、それを見下ろした時にTの文字の上下が逆になるようにして並べ、Tのラインの横棒の上に左右のくるぶしの2点、縦棒の上に中指の中心を置いて立つとわかりやすいでしょう。

 ダブルTの立ち方ができたら、そのまま前に踏み出してみてください。縦のラインにあたる中指を意識して歩くようにすると、スーッとラクに進んでいけるはずです。
 中指のラインがうまく意識できないという人は、両足の中指を手の指で2~3回、強く押してから歩くのもおすすめです。

 陸上競技の世界では「親指や母指球で地面を蹴って前に進む」ことがすすめられていますが、こうした地面を蹴った走りを続けている限り、速く走ろうとするほど親指や母指球に負荷がかかります。
 なぜなら、親指にはブレーキをかける役割があるからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界標準の子育て

世界標準の子育て

船津徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
勉強ができて、人に好かれて、心の強い子が育つ! アメリカを拠点に20年以上教育に携わり、4,000人超のグローバル人材を輩出したきた著者が送る子育てノウハウ。米国、英国、北欧、アジアなど、世界各国の子育て事情をふまえて日本人向けに体系化!0歳〜18歳まで全年齢対応、子育て本の決定版です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/16~7/22)



松村卓 [ スポーツケア整体研究所代表 ]

1968年生まれ。中京大学体育学部体育学科卒業。陸上短距離のスプリンターとして活躍。100mの最高タイムは10秒2(追風2.8m)。北海道国体7位、東日本実業団4位、全日本実業団6位などの実績を持つ。引退後、ケガが絶えなかった現役時代のトレーニング法を根底から見直し、筋肉ではなく骨の活用に重点を置いた「芯動骨整体(骨ストレッチ)」、体幹部を効果的に活用できる「骨ストレッチ・ランニング」「骨ストレッチ・ゴルフ」などを考案、多くのスポーツアスリートの指導にあたる。 著書に、『ゆるめる力 骨ストレッチ』『やせる力 骨ストレッチ』(以上、文藝春秋)、『「筋肉」よりも「骨」を使え!』(共著 甲野善紀 ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。


運動しない、運動嫌いの人にこそ効果のある、革命的ストレッチ

健康のために運動すればいいのはわかっているけれど、日々の仕事や家事に追われて時間はないし、そもそも運動するのが嫌い、という人は少なくないはず。でも、ここで紹介する「骨ストレッチ」は、両手をぶらぶらさせるだけ、体をひねるだけ、首を回すだけ、という信じられないほど簡単なのに、ダイエットにはもちろん、疲れにくい体にし、腰痛や肩こりなど慢性的な体の不調も解消してくれる、革命的ストレッチです!

「運動しない、運動嫌いの人にこそ効果のある、革命的ストレッチ」

⇒バックナンバー一覧