ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

エヴァのガイナックスはなぜスバルと組んだ?
美少女アニメ「放課後のプレアデス」誕生秘話(下)

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第65回】 2010年12月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 富士重工業・新宿本社訪問の8日後、JR中央線・東小金井駅の北口から武蔵境駅方向へ線路沿いに徒歩約7分、宮崎駿監督作品で有名な「スタジオジブリ」まで直線距離100mほど手前、巨大なプレハブ構造のガイナックス本社屋での取材許可が出た。同社は来年早々、新社屋への移転を控えているという。

 出迎えてくれたのは、ガイナックス・アニメーション制作部・制作デスクの高橋祐一氏、同社インターネット事業部・部長の小倉由美子氏だ。高橋氏は、本連載の前回お伝えしたスバル(富士重工業)とガイナックスのコラボで提供するウェブアニメ「放課後のプレアデス」のプロデューサーであり、小倉氏は同作品のプロモーションを担当している。以下、両氏へのインタビューをお届けする。

「放課後のプレアデス」キャラクター5人。左から「ななこ」、「あおい」、「すばる」、「いつき」、「ひかる」。

筆者 「ガイナックスで過去に、クルマに関する作品を制作したことはありますか?」

高橋氏 「ストーリー展開上、パロディを含めて、クルマが出るアニメはありましたが、クルマにフィーチャーした作品はありません。ロボ(高橋氏はロボットをこう表現)はよく登場しましたが、クルマちっくなロボはあっても、クルマその物はありません」

筆者 「インターネット専用のアニメは、日本ではポピュラーなのですか?」

小倉氏 「全編がフラッシュ(動画やゲーム用の動画形式)のアニメはあります。それは個人が、動画作りが好きで自分で作ったものです。それを自分のサイト等で公開して、その人気に映画会社が目をつけて劇場公開するなどしています。ただ、個人として、または制作会社として利益を追求している傾向はありません。(こうしたトレンド以外には)インターネット専用のアニメはほとんどなく、ガイナックスでも過去に制作したことはありません」

 なお、自動車メーカーのアニメ以外のウエブ専用ドラマなどに関しては、トヨタ「iQ」がGyao専用ドラマ、ホンダ「インサイト」などのグリーンカープロモーションでウエブドラマがあった。また日産が「ハイジ」をデフォルメするなど、既存の漫画やアニメキャラクターを宣伝に使用することは当然ある。アメリカでは過去に、北米トヨタ、北米日産、北米三菱、GM、フォード・モーターなどが、実車とアニメを融合させたプロモーションを実施したことがある。

 だが、今回の「放課後のプレアデス」のように、自動車メーカーがオリジナルシナリオに基づくウェブアニメを自社サイトで流すことは世界初だ。それどころか、日本にはこれまで本格的な広告アニメはなかった。それはなぜか?

次のページ>> 新しい「ものづくり」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧