ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一生を賭ける仕事の見つけ方
【第12回】 2016年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
斎藤祐馬

「お金を後回しにしたら、人脈は100倍に」
「IT界のレジェンド」に学ぶ本物のネットワークの広げ方
ウィズグループ代表取締役・奥田浩美×斎藤祐馬 原体験対談【後編】

1
nextpage

「Mac World」や「Windows World」、「Interop」や「Google Developer Day」など、これまで数々のビッグイベントを日本で開催し、「IT業界の女帝」との異名を持つ奥田浩美氏。2001年、IT分野のカンファレンスを企画・運営する「株式会社ウィズグループ」を立ち上げ、2013年には、ITと対話型ロボットにより地方の課題解決を目指す「株式会社たからのやま」を創設。地方に住むお年寄でもテクノロジーを身近に使えるように、IT業界の若き起業家や開発者らを巻き込んで、地方で「共創の場づくり」に取り組んでいる。奥田氏を絶えず挑戦へと駆り立てる「原体験」には何があるのか――。
ベンチャー支援のプロフェッショナル・斎藤祐馬氏が、著書『一生を賭ける仕事の見つけ方』で大好評のノウハウ「感情曲線」をもとに、奥田氏の「ネットワークづくり」のキモを明らかにする!

「大リーグ養成ギプス」が外れて……

斎藤 インドで大学院を卒業された後は、どんなお仕事に就かれたのでしょうか?

図1)奥田氏自筆の「感情曲線」。23~24歳の間の「谷」を越えた後、急速に好転していることがわかる <拡大画像を表示する>

奥田 帰国後は国際機関に入りたくて、東京に出て職を探しました。運がよかったのか、国際会議を企画・運営する会社とご縁があり、そこに就職することになりました。働きはじめると、インドでの留学経験が自分の成長につながっていたのをすぐに実感できました。インドでの苦労がウソのように、あらゆる仕事がスムーズに進み、社会人生活は順風満帆の船出でした。

斎藤 具体的にはどういうことでしょうか?

奥田 マンガ『巨人の星』に、「大リーグ養成ギプス」ってありますよね。インドにいる間は、それをつけていた状態だったんじゃないかと思うんです。主張の激しいインド人と、母語ではない英語を使って毎日タフなコミュニケーションを続けていたので、胆力や折衝力が知らないうちに練られていたのでしょう。「インドだと、ここでこういう反論が来るだろう」と身構えているところでも、日本だとすんなり話が通ることが多く、簡単に仕事が進んでいきます。いつの間にこんな力がついていたんだと我ながら驚きでした。

斎藤 苦しい時間がかけがえのないトレーニングになっていたんですね。

奥田 ところが、入社して半年が経ったころ、そんな私にも仕事で大きな試練が訪れます。億単位の予算がついた大きな国際会議のプロジェクトチームにスタッフとして関わることになり、その後間もなく、責任者だった先輩が激務と重大な責任のプレッシャーから体を壊してしまいました。そこで、急遽私が代打で責任者を命じられたのです。

斎藤 いきなりそんな大役を任されるなんてすごいですね。

奥田 いえ、完全に身に余る大役でした。経験したことがない業務の連続で、寝る間も惜しんで、というか、疲れ果てて寝ても夜中に何度も未完了タスクを思い出して目が覚めるというような有様でした。最初はそれをすべて自分でこなそうとしましたが、新人がどうがんばってもこなせる業務量ではありません。途中で発想を切り替えて、自分がやったことのない仕事は、社内でいちばん得意な先輩に聞いて回る作戦をとりました

斎藤 教えを請うことでネットワークを築いていく作戦ですね。

奥田 斎藤さんの本でも、ネットワークの重要性を説かれていますよね。私も自ら教えを請うことで先輩たちと人間関係を築き、いろいろ助けてもらえるようになりました。もちろん、ただ情報をほしいだけの「くれくれ君」では相手にされません。自分が相手に何を返せるのかを常に念頭に置いておく必要があります。私の場合は、教えていただいたことをもとにして、仕事をいい形に仕上げることで恩返しをしようと思っていました。結果、さまざまな人の多大な助けをいただいて、どうにか大役を務め上げることができました。このときの国際会議が、その後の私の仕事の方向性を決定づけることにもなりました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


斎藤祐馬[さいとう・ゆうま]

トーマツベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長。公認会計士。
1983年生まれ。中学生のとき、脱サラして起業した父親が事業を軌道に乗せるのに苦労している姿を見て、「事業を立ち上げたばかりの起業家を支援する人がいればいいのに」と何度も思い、やがてベンチャーの「参謀」を志す。
2006年、4度目の挑戦で公認会計士試験に合格し、監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)入社。会計監査やIPO支援業務に携わるものの、スタートアップ期のベンチャーへの支援ができないものかと悩み、単独でベンチャー支援を始める。
2010年、トーマツ内で休眠していたトーマツベンチャーサポート株式会社(略称TVS)の再立ち上げに参画する。従来の公認会計士の枠には収まらない「ベンチャー支援」という活動に対して当初は理解を得られず、社内からは逆風も吹くが、一つひとつ壁を越え、社内外に仲間を増やし、大きく成長するに至った。現在は、「挑戦する人とともに未来をひらく」というビジョンのもと、国内外で奮闘する100名以上のメンバーとともに、ベンチャーだけではなく、大企業、海外企業、政府、自治体などとも協働し、自らのミッションを生きる日々を送っている。自らの思いを「一生を賭ける仕事」につなげたその経験には、大学、企業、自治体などから講演の依頼が絶えない。
2013年4月より、現在は「起業家の登竜門」と呼ばれるようになった「モーニングピッチ」を仲間とともにスタート。これまでに700を超えるベンチャーの登壇を実現したモーニングピッチは、大企業やベンチャーキャピタル、メディアとの出会いの場をベンチャーに提供する、日本有数のプラットフォームとなっている。


一生を賭ける仕事の見つけ方

「自分にしかできないことを見つけたい」けれど、
「どんな仕事に『人生』を賭ければいいのか」がわからない。
そう悩む、すべての人へ――。

「思い」と「仕事」をつなぎ、
自分の人生を「本気」で生きる。
そのための究極の方法を、
起業家の登竜門「モーニングピッチ」発起人が初めて明かす!

「一生を賭ける仕事の見つけ方」

⇒バックナンバー一覧