ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバル仕事人のコミュ力 澤円

「いい会議」の主宰者に必要な4つの技術

澤 円 [日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター センター長]
【第6回】 2016年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
会議を活性化させるためには進行役の技術が必要です

 みなさん、こんにちは。澤です。

 前回は会議についてお伝えさせていただきました。おかげさまで数多くのフィードバックをいただきました。

 「まさにうちの会議のことを言っている!」
 「これは上司に見せたい!」
 「明日から決める会議をしよう…」

 という課題を共有くださるコメントから、

 「うちは毎回決める会議してるなぁ」
 「へー、日本企業ってそういうカルチャーなんだ」
 「わたしはぜーったいそんな会議無理…」

 という恵まれた環境にいる人のコメントまで。

 たくさんの人の視点を教えていただき、私自身も多くの学びを得ることができました。

 今回もテーマは「会議」にします。みなさんが会議のオーナーになったらとき何をすれば「いい会議」を作ることができるのか、一緒に考えていきたいと思います。

参加者の発言を増やすため
まずはアジェンダを考える

 まず、いい会議をするならアジェンダが必須です。そして、そのアジェンダは前もって共有されているとより効果的です。

 会議の場になってから「えー、本日の議題はですね…」となると、参加者はそこから会議のために脳をウォーミングアップして考える準備を始めることになります。

 アジェンダを理解し、自分ができることを考え、発言内容をまとめて…という思考のために参加者全員の脳を使うのは、「時間と空間を共有するコスト」を有効活用できていない状態といえます。

 ましてや、その議題を話し合うための報告や連絡が含まれていた場合、参加者が「単に聞いているだけ」の状態が長く続くことになります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

澤 円 [日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター センター長]

立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャ、クラウドプラットフォーム営業本部本部長などを歴任。2011年7月、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。著書に「外資系エリートのシンプルな伝え方」がある。Twitter:Madoka Sawa (@madoka510)

 


グローバル仕事人のコミュ力 澤円

グローバル化が進む現代において、ますます必須になるコミュニケーション力。グローバルに活躍できる人は、どう“コミュ力”を磨いているのでしょうか。マイクロソフトテクノロジーセンターのセンター長として、エグゼクティブお向けに、さまざまなプレゼンテーションを行い、同社でトッププレゼンターの地位を確立している澤円さんが、そのスキル・知見を出し惜しみなく紹介します。

「グローバル仕事人のコミュ力 澤円」

⇒バックナンバー一覧