ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

クーデターによる社長復帰

北 康利 [作家]
【第30回】 2016年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

電撃的社長交代劇

 昭和27年(1952年)3月、前々から勧誘し続けてきた義弟の木本寛治が、ついに入社してくれることとなり、期待を込めて工場長に抜擢した。

 製造部門は生産量を飛躍的に拡大し、順調に企業規模を拡大していたが、問題は営業部門である。従業員が増え、生産量が増えても販売力が伴っていないと、経費と在庫の山が積み上がるだけになる。和江商事が次に解決しないといけない問題はここにあった。

 営業を担当するのは木原社長である。誠実ではあるがリーダーシップにやや欠けるところのあった木原社長にとって、川口をはじめとする個性の強い営業マンたちを束ねるのは荷の重い仕事だった。

 しだいに不満の声があがりはじめる。

 そのうち取引先や銀行からも、

 「和江商事は塚本が社長をしているから取引をしているのだ。勝手に首をすげ替えられては困る」

 という苦情が出始めた。

 (このままだとせっかく集めた人材がやめていってしまう。製造部門までそろえられた今が、和江商事の飛躍のために一番大事な時や……)

 幸一は敢えて憎まれ役を買って出ることを決めた。

 役員たちに十分根回しをした上で、昭和27年9月のある夜、木原を料亭に誘った。ほかの役員たちも一緒である。

 役員の一人が、口火を切った。

 「このままやと和江商事の信用が失われる。ここは木原さんには会長になってもらい、塚本専務がもう一度社長になるしかないと思うんやが」

 「そうだ」

 「それしかない」

 他の役員も口々に同意する。

 寝耳に水の木原は、だまし討ちのようなやり方に怒って憤然と席を立った。

 こうして木原は会長となり、幸一が社長に返り咲いた。木原工場統合による社長退任から1年2ヵ月後のことであった。

 まさにクーデターだ。

 「わしは塚本にだまされた」

 木原は方々でそう口にした。世間もよく思わない。“塚本はうまく木原工場を乗っ取ったのだ”という悪評がたち、一時、木原会長との間に険悪な空気が漂った。

 だが幸一は経営者である。非情な決断をすることが必要なときもある。社員数70名になった和江商事を存続させるためには仕方がなかったのだ。

 取締役として入社していた木原の息子(晃三郎)でさえ、自分の父親の更迭に賛成していた。苦渋の選択だった。

 幸一は結果で納得してもらうしかないと思った。

 実際、3年ほど経つと木原も、幸一の決断の正しさを理解できるようになり、その後は、もともと自分が得意にしていたものづくりの面でのサポートを申し出てくれ、このお家騒動は幕を下ろした。

 2派に分かれて闘争を続けるということもなく、後遺症を全く残さなかったのは、幸一の思惑通り、この後の彼の経営手腕が見事な冴えを見せ、圧倒的な求心力を見せたが故であった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧