ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

崖っぷち36歳娘が婚活詐欺で心の病に!
怒れる父親が不倫男から勝ち取ったW慰謝料(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第41回】 2016年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 慰謝料の肩代わり(法律的には「債務引受」といいます)には、いくつか種類があります。まず「免責的債務引受」ですが、これは慰謝料の支払い義務が、完全に恵さんから彼へ移るので安心です。ただ、免責的債務引受には請求者(この場合は彼の妻)の同意が必要で、彼の妻に秀彦さんがアプローチしたところで、火に油を注ぐだけなので、妻を説得するのは不可能でしょう。

 次の「履行引受」ですが、これは妻の同意は不要なので、今回は履行引受を使うのが適切です。履行引受は免責的債務引受と違い、慰謝料の支払い義務が恵さんから彼へ移ることはなく、恵さんには支払い義務が残ります。

 ただし、履行引受には妻が慰謝料を請求していたとき、恵さんが彼に対して「慰謝料を代わりに支払うよう」請求するのではなく、いったん恵さんが妻へ慰謝料を支払い、後日、恵さんが男性に対して「妻に支払った慰謝料の分を返すよう」請求することができる効力があります。恵さんがいったん立て替えるかどうかの違いですが、結局のところ、立て替えた慰謝料を男性が恵さんへ返さなければならないので、結果は同じです。

 「慰謝料請求されたらかわいそうだから、それは全額自分が負担するよ」

 恵さんのLINEにはそんな内容が残されていたのです。 「万が一、彼の妻が恵さんに対して慰謝料を請求してきても、恵さんは慰謝料を支払う必要はなく、彼が恵さんの慰謝料を立て替えるつもりがある」という意味に読めるでしょう。

娘に代わって父親が直談判に
不倫男は「ただの遊び」と悪びれず

 「娘の幸せ」を切に願っていた秀彦さん夫婦にとって、不倫や婚約解消、そして慰謝料という言葉は寝耳に水。さすがの秀彦さんも何をどうして良いものか…困り果てていたのですが、 私は見るに見かねて、「固定電話から彼の携帯に電話をするよう」促したのです。

 前述の通り、恵さんの番号はすでに着信拒否されていましたが、秀彦さんは自宅の固定電話から発信したので、彼はうっかり電話に出てしまったそう。見知らぬ番号からかかってきた電話の主が彼女の父親で、彼もさぞかし驚いたことでしょう。

 秀彦さんは電話口で「自分が何を仕出かしたのか分かっているのか!2人きりで話をしようじゃないか。さもなければ、お宅に訪ねていかないといけないよ!!」と投げかけ「男同士の話し合い」の場を設けようとしたそうです。

 「『どうせ口だけだろう。本当に乗り込んでくるわけがない』と甘く見られているかもしれないので、あまり期待しないでください」と、私はフェイドアウトされる可能性も示唆しておいたのですが、秀彦さんは何とか彼を喫茶店の個室に呼び出すことができたのです。

 「うちの娘にも悪いところはあったかもしれない。妻子の存在を知ったら縁を切るべきだったのに、ずるずると続けてしまったのだから。しかし元を正せば、結婚しているのに婚活サイトに登録した君が一番悪いじゃないのか?君が不倫目的でサイトを利用しなければ、こんなことにはならなかったのだから、君の妻からうちの娘を守るのは当然なんじゃないか?」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧