ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

運用のメンテナンスについて

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第160回】 2011年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 本欄でも何度か触れた個人投資家で著名ブロガーである水瀬ケンイチ氏と共著で書いた本が先日発売された。タイトルは『ほったらかし投資術』(朝日新書)だが、運用は、どの程度「ほったらかし」でいいものなのか。

 インデックスファンドで積み立て投資をされている水瀬氏(会社員で愛妻家)は、1年に1度、ポートフォリオのバランス調整(俗に「リバランス」)をされるようだ。複数の資産に投資して時間がたつと、相対的に値上がりした資産のウエートが大きく、値下がりした資産のウエートが小さくなるので、主にこれを修正する。

 もともとの投資ウエートを回復する意味でのリバランスを行ったほうがいいか、また、行うとしてどの程度の間隔で行うかについてはしばしば議論になるが、この議論はあまり意味がない。

 投資のテキストには、ポートフォリオ構築のプロセスは書いてあっても、メンテナンスの方法が書いてあることは珍しい。理屈のうえでは、リバランスを行うか否かは、投資環境の変化のスピードと、ポートフォリオの現状(の適合具合)、そしてポートフォリオの調整コストの三つによって決まる。

 もともとの運用計画を作るときには投資環境に関して判断をしたのだから、調整コストを考慮したうえで、これと同様の判断を続けて、必要ありと判断したときにのみリバランスを行えばいいということだ。状況が大きく変わればリバランスすればいいし、変わらなければコストをかけてポートフォリオを動かす必要はない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧