ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
財務で会社を読む

【神戸製鋼所】鉄鋼・建機の複合経営に試練 改革次第で“身売り”の危機

週刊ダイヤモンド編集部
2016年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国経済の減速が神戸製鋼所を直撃している。同社は鉄鋼や建機の事業規模が最大手より小さく、コストが割高になりがち。高付加価値路線に活路を見いだすが、技術力で生き残れるか正念場を迎えている。(「週刊ダイヤモンド」編集部 千本木啓文)

 神戸製鋼所は10月31日、2017年3月期の業績予想を下方修正した。営業利益は前年比34.2%減の450億円。営業利益率は2.7%に沈む。大減益の元凶は主力事業にある。同期予想では鉄鋼部門の経常損失が300億円、建設機械部門のそれが10億円。両事業とも、2年連続の経常赤字となる見込みだ。

 屋台骨が揺らいでいるのは、中国経済の低迷が続いているからだ。図(1)から明らかなように、神戸製鋼の業績は中国に翻弄されてきた。

 建機需要の激減と、生産過剰による鋼材価格の低迷のダブルパンチを緩和するための事業改革が急務となっている。

 求められる対策は大きく二つだ。

 第一に、中国での建機需要がピーク時から7割減少したことへの対応だ。すでに、建機の現地工場の要員を最盛期から4割削減。その上で、現地生産した完成品をアジアへ、建機部品を日米両国へ輸出することで中国の生産能力を適正化する。

 より重要なのは第二の対策の方だ。鉄鋼部門で、市況の影響を受けにくい高級鋼の構成比を上げる戦略を描いている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


財務で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「財務で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「財務で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧