ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

“エディー後”をどう戦う?日本ラグビー界が迎える難局

エディージャパンの仕掛け人・岩渕健輔GMに聞く(下)

週刊ダイヤモンド編集部
2015年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 ドローンは、元々、アメリカンフットボールがビデオ撮影の時に櫓を立てているという話から、「何でラグビーは立てないのだ」という話に発展し、ドローンがあるじゃないか、という結論になりました。そういう話がヒントになり、2人でいろいろ話しながら新しいものを求めました。

──逆に、エディー氏からの要望も多かったのではないですか。

いわぶち・けんすけ/1975年東京都生まれ。青山学院大学在学中に日本代表に初選出。神戸製鋼所入社後にケンブリッジ大学に入学、英サラセンズに入団。2011年から現職 Photo by Hidekazu Izumi

 要望はめちゃくちゃ多いです(笑)。こういう人が欲しいとか、スタッフに関するリクエストは本当に頻繁でした。お金の限りもありますし、全部が全部できるわけではないですが。彼は、一流のプロ指導者ですし、しかも、ある意味極端な人間なので、「これができなかったら勝てない。だから日本のラグビーは勝てない」と言われてしまうのです(笑)。それと現実をどう調整するかが、私の任務でした。

──相当、お金もかかったわけですね(笑)。

 この4年間分を、半年ぐらいで何とか取り戻さないと……(笑)。

──代表チームを強くするには、国内チームの底上げも必要ですね。

 それが、一番が難しいところで、国内チームには協力してもらいました。この4年は、代表チームを一つのクラブチームにようにして鍛えるスタイルでした。つまり、たくさん合宿を重ねて強化するため、所属チームにいる時間は必然的に少なくなるわけです。そこについての理解と協力はすごくしていただきました。一方で、南アやスコットランドに勝つためにやっている代表の活動を、国内でやっている練習に生かしていくのは難しい作業でした。

──同時に、国内チームからの不満もあったわけですよね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧