ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版
【第36回】 2016年11月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊野整

日本政府のエクセルを、
外資系投資銀行マンが見やすくしてみた

1
nextpage

エクセルの見やすさ、使いやすさについて、いま、国政レベルで話題になっています。エクセルの鬼の異名を持つ者として、これは見逃してはおけないというわけで、改善のご提案です。『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』の著者・熊野整による緊急提言です。

日本政府のエクセルがネットで叩かれている

 最近、このツイートがきっかけで、日本政府のエクセルが分かりにくいと話題になっています。

 たとえばこちらのエクセルですが、たしかに少し分かりにくいような…でも、かなり手が込んでいますね。
 作成者の苦労が見て取れます。お疲れ様です。

 では、どうすればいのか?

 こちらのツイートのとおり、「このエクセルは見にくい!」とクレームを言うのは簡単ですが、その具体的な改善策を考えるのは難しいものです。

 そこで今回は、ワタシなりにエクセルを分かりやすくしてみたいと思います。

 ただし今回の修正の前提として、どこに何があるか分かりやすいエクセルにするのを目的にしています。

 集計のしやすさやデータ加工のしやすさ、手書きや印刷のしやすさというのは目的外にしていますので、ご容赦くださいませ。(エクセルを作成するときは、その作成目的を明確するのが大事ですね)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



熊野 整

ボストン大学卒業後、モルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、大型M&Aや資金調達プロジェクトをリード。退社後はグロービス経営大学院にてMBA取得、その後、大手上場インターネット企業に入社し、事業責任者として事業計画の立案から戦略遂行までを行う。現在は、スマートニュース株式会社にて、収益計画策定、資金調達、上場準備など財務企画業務全般をリード。「グローバル投資銀行のエクセルスキルを、分かりやすく伝えたい」というモットーの下、2013年10月から週末に個人向けエクセルセミナーを開催したところ、参加者数は1年で3000人を超え、大人気セミナーとなった。現在は、個人向けセミナーに加えて、企業研修も数多く開催しており、多くのビジネスパーソンの収益計画の作成指導を行っている。https://www.facebook.com/simulation2013/

 

 


外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版

『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』著者の熊野整による、エクセルと外資系投資銀行の仕事術のあれこれを集めた連載です。

「外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧