ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ありがとうの奇跡――神様・人・モノが味方になる習慣
【第1回】 2016年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
小林正観 [作家]

苦手な人と、うまく話せるキーワードは「ありがとう」

1
nextpage

「神様・人・モノが味方になる習慣」とは?享年62歳で亡くなられた小林正観さんが、40年間の研究でいちばん伝えたかった「ベスト・メッセージ」とは?「人間関係」・「仕事」・「お金」・「病気」・「子ども」・「運」・「イライラ」・「男女」など、あらゆる悩みが解決するヒントがあります

「モノ」に「ありがとう」を言うと、
奇跡が起きるらしい

 「ありがとう」を言った数がある一定数を超えたとき、奇跡としか言いようのない現象となって、その人に降り注ぐことがあります。

 しかも、「ありがとう」を言うときに、「心は込めなくてもいい」というのが私の考えです。

心を込めなくても大きな効果が得られるのが、「ありがとう」のすごいところだと思います。

「ありがとう」を、ただひたすら3日間、「心を込めない」で言い続けた人から、このような話を聞きました。

 1日目と2日目は何事もなかったそうです。ところが、3日目の朝、夫を送り出したあとに「ありがとう」を1000回ほど言っていたら、突然、お腹の底から熱いものがこみ上げてきたそうです。

 熱いものはそのまま口を通り過ぎて上に上がり、やがて、目から「滝のような涙」が流れはじめたといいます。

 そして、涙が出てからは、心の底から「ありがとう」と思えるようになって、それどころか、コーヒーカップやお皿など、身のまわりにあるものが、「ありがとう」と自分に話しかけてくるような気がしたそうです。

 彼女は、「お礼を言うのは、自分のほうだ。こちらこそ、感謝だ」という気持ちになって、身のまわりにある、一つひとつのものに、「こちらこそ、ありがとう」「こちらこそ、ありがとう」と、感謝を伝えました。

 なぜ、身のまわりのものが、「ありがとう」を言い返しているような気がしたのでしょうか?

彼女が「ありがとう」を言い続けていたことで、「モノ」の中に入っていた魂が、目を覚ましたのかもしれません。

 この女性から「ありがとう」を言われ続けた結果、椅子、机、時計、黒板、サインペン、シャツ、ベルト、コーヒーカップ、お皿といった「モノ」の中に「ありがとう」のエネルギーがどんどん溜まっていって、「ありがとう」のエネルギーがある時点で臨界点に達してあふれ出し、「ありがとう」と言われていると感じたのかもしれません。

「モノ」たちは、ニュートラルな状態で存在していたのに、女性が口にした「ありがとう」のエネルギーを溜め込み、やがてそのエネルギーが臨界点を超えて、あふれ出したように感じたと、考えることができるでしょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小林正観 [作家]

1948年、東京生まれ。作家。2011年10月逝去。学生時代から人間の潜在能力やESP現象、超常現象に興味を持ち、心学などの研究を行う。講演は、年に約300回の依頼があり、全国を回る生活を続けていた。著書に、『楽しい人生を生きる宇宙法則』『「人生を楽しむ」ための30法則』(以上、講談社)、『笑顔で光って輝いて』(実業之日本社)、『心に響いた珠玉のことば』(ベストセラーズ)、『宇宙を味方にする方程式』『宇宙を貫く幸せの法則』(以上、致知出版社)、『「そ・わ・か」の法則』『「き・く・あ」の実践』(以上、サンマーク出版)、『神さまに好かれる話』(三笠書房)、『釈迦の教えは「感謝」だった』『淡々と生きる』(以上、風雲舎)、『無敵の生きかた』『豊かな心で豊かな暮らし』(以上、廣済堂出版)、『この世の悩みがゼロになる』 『悟りは3秒あればいい』(以上、大和書房)、『100%幸せな1%の人々』(KADOKAWA中経出版)、『もうひとつの幸せ論』『ありがとうの神様』(以上、ダイヤモンド社)など、多数。


ありがとうの奇跡――神様・人・モノが味方になる習慣

「神様・人・モノが味方になる習慣」とは? 享年62歳で亡くなられた小林正観さんが、40年間の研究でいちばん伝えたかった「ベスト・メッセー ジ」とは? 「人間関係」・「仕事」・「お金」・「病気」・「子ども」・「運」・「イライラ」・「男女」など、あらゆる悩みが解決するヒントがあります

「ありがとうの奇跡――神様・人・モノが味方になる習慣」

⇒バックナンバー一覧