ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

どんなポジションにあっても影響力を持ち続けるには?

~『影響力の秘密50』(スティーブン・ピアス著)を読む

情報工場
【第31回】 2016年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

有能なリーダーやマネジャーはなぜ、人を動かせるのか?

 先日、ラグビー日本代表チームの元キャプテン、廣瀬俊朗氏のお話を伺う機会があった。そのときには、以前は世界の強豪たちにまるで歯が立たなかった日本代表チームの体質を変え、2015年のワールドカップで初めて決勝トーナメント出場を果たすまでの物語を聞くことができた。

 廣瀬氏は、それを映像と彼自身の具体的な体験を交えながら、とてもていねいに詳しく話してくれた。こんなにもわかりやすい話ができるアスリートは、他にはいないだろうと思わせるほどだった。しかも、満面の笑顔で話す様子は、自信にあふれ、説得力があった。

『ここぞというとき人を動かす力を手に入れる 影響力の秘密50』 スティーブン・ピアス 著 服部真琴 訳 CCCメディアハウス 264p 1500円(税別)

 廣瀬氏は2012年、当時のヘッドコーチ(監督)だったエディ・ジョーンズ氏にキャプテンに抜擢されて以来、日本のラグビーを世界に通用するレベルまで引き上げるのに貢献してきた。

 ところが彼は、ラグビーの技術では残念ながら他のメンバーより劣っていた。そのため「スタメンを保証できない選手にキャプテンは任せられない」との理由で、2014年にキャプテンの任を解かれてしまった。

 彼は結局、その後一度もベンチ入りは果たせなかった。しかし、精神的支柱としてチームを支え続けた。「陰のキャプテン」と呼ばれるようにもなり、見事にチームを初のW杯決勝トーナメント進出へと導いたのだ。

 フィールドに立つ機会が少なくなることで存在感をなくすアスリートは少なくない。それでも、廣瀬氏のように、どんなポジションにあってもリーダーシップを発揮し続けられる人はいったい何が違うのだろうか。

 廣瀬氏のようなリーダーは、「人を魅了し、考え方や行動を変えてしまう不思議な力」を持っているようだ。本書『影響力の秘密50』のテーマである「影響力」とは、このような力を指すのだろう。「影響力」は、いわばリーダーシップを発揮したり、マネジメントを行うための基礎体力のようなもの。「影響力」が弱ければ、どんなにスキルの高いリーダーやマネジャーも、そのスキルを存分に生かすのは難しいだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧