ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「内定なう」への道

Twitterには企業情報があふれている
経営者、採用担当者、業界の
キーパーソンをフォローしよう

増永寛之 [株式会社ライブレボリューション代表取締役社長]
【第4回】 2011年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ますなが・ひろゆき
株式会社ライブレボリューション代表取締役社長。 1974年、奈良県生まれ。1999年、早稲田大学大学院を修了後、大和証券株式会社に入社。2000年、渋谷「ビットバレー」の盛り上がりに刺激を受け、株式会社ライブレボリューションを設立。モバイル広告代理店事業を中心に、急成長を続けている。同社が発行する経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」は読者数12万人を誇る。著書に『Twitter就活』(ダイヤモンド社)、『宇宙一愛される経営』(総合法令出版)、『仕事頭がよくなるアウトプット勉強法』(サンマーク出版)などがある。 ツイッターアカウント:http://twitter.com/masunaga_lr ブログ:http://www.president-blog.com/ コーポレートサイト:http://www.live-revolution.co.jp/ プレジデントビジョン:http://www.president-vision.com/

 Twitterは自己PRの場であると同時に、情報収集のための強力なツールでもあります。今回は、就活生がフォローすべき人の探し方を中心に見ていきます。

 Twitterで志望企業や志望業界の情報を収集するには、どうしたらいいのでしょうか。まず、企業が公式アカウントを持っていたら、それをフォローするところからはじめてみましょう。企業によっては、商品やサービスごと、部署ごとに公式アカウントを用意しているところもあります。

 企業の公式アカウントをフォローすれば、その企業が発信するオフィシャルな情報をチェックすることができます。ただし、公式アカウントは消費者向けの情報が中心なので、就活生がいちばん知りたい企業内の様子や実際に働く人たちの本音は伝わりにくいケースもあります。

 その場合は、むしろ志望企業の経営者をフォローしたほうが、企業理念や目指す方向性、社内の雰囲気をつかみやすいはずです。経営者が積極的に情報発信しているベンチャー企業も多いので、ぜひチェックしてみてください。

 また、個人名で参加しつつも、プロフィール欄で所属企業名をオープンにしている人もいます。そういう「中の人」のつぶやきを拾うことができれば、ホームページやパンフレットなどから得られるオフィシャルな情報とはひと味違った、濃い情報を入手することができます。

使い勝手があまりよくない
Twitterの検索

 では、どうやって企業の公式アカウントや経営者のアカウントを探せばいいのでしょうか。それにはいくつか方法があります。

 もっとも簡単なのは、Twitter公式サイトのホーム画面上の検索ボックスに企業名を入力して探す方法です。検索結果が出てきたら、「ユーザー名」のタグをクリックすれば、名前にその企業名を含むアカウントが表示されます。しかし、検索結果の精度があまり高くないのが玉にキズです。

 同じ検索結果で「ツイート」のタグをクリックすると、その企業名を含むつぶやきがリアルタイム表示されます。そこから関係者を見つけるという方法もあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

増永寛之 [株式会社ライブレボリューション代表取締役社長]

1974年、奈良県生まれ。1999年、早稲田大学大学院を修了後、大和証券株式会社に入社。2000年、渋谷「ビットバレー」の盛り上がりに刺激を受け、株式会社ライブレボリューションを設立。モバイル広告代理店事業を中心に、急成長を続けている。同社が発行する経営者向けメールマガジン「プレジデントビジョン」は読者数12万人を誇る。著書に『Twitter就活』(ダイヤモンド社)、『宇宙一愛される経営』(総合法令出版)、『仕事頭がよくなるアウトプット勉強法』(サンマーク出版)などがある。
ツイッターアカウント:http://twitter.com/masunaga_lr
ブログ:http://www.president-blog.com/
ウェブサイト:http://www.live-revolution.co.jp/


「内定なう」への道

就活にTwitterを利用する学生が増えている。企業情報の収集に欠かせないツールとしての利用のほか、「中の人」との接点づくり、さらには140字のつぶやきそのものがエントリーシートや面接対策にもなるという。内定取得までの道のりが険しい「第二次就職氷河期」の今だからこそ身につけたいTwitter活用術を6回にわたってお送りする。

「「内定なう」への道」

⇒バックナンバー一覧