ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
残業ゼロがすべてを解決する
【第2回】 2016年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
小山 昇

なぜ、残業は犯罪なのか?

1
nextpage

小池百合子都知事が「夜8時には完全退庁を目指す」、日本電産の永守重信社長が「2020年までに社員の残業をゼロにする」など、行政も企業も「残業ゼロ」への動きが急加速している。
電通過労自殺事件で強制捜査が入ったいま、中小企業も大企業もお役所も「残業ゼロ」に無関心ではいられない「シビアな時代」となった。
株式会社武蔵野は、数十年前、「超ブラック企業」だった。それがいま、日本で初めて日本経営品質賞を2度受賞後、2014年からの残業改革で「超ホワイト企業」に変身した。
たった2年強で平均残業時間「56.9%減」、1.5億円もの人件費を削減しながら「過去最高益」を更新。しかも、2015年度新卒採用の25人は、いまだ誰も辞めていないという。
人を大切にしながら、社員の生産性を劇的に上げ、残業を一気に減らし、過去最高益を更新。なぜ、そんなことが可能なのか?
12月2日に発売される『残業ゼロがすべてを解決する――ダラダラ社員がキビキビ動く9のコツ』の著者・小山昇社長にその秘密を語ってもらった。

「ダスキン事業部」=「ブラック事業部」!?

小山昇(Noboru Koyama)
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。『1日36万円のかばん持ち』 『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』 『強い会社の教科書』 (以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。
【ホームページ】http://www.m-keiei.jp/

 今だから明かせますが、1990年代の武蔵野は、漆黒暗黒の超・超・超ブラック企業でした。

 社員の久木野厚則(ITソリューション事業部長)と小林哲也(ダスキンクリーンサービス事業部長)は、入社早々、わが社の企業体質に「目を疑った」と言います。

 「武蔵野へ面接にきた日のことは、今でも鮮明に覚えています。ダスキンの会社なのに驚くほど会社が汚くて(笑)、玄関の脇で5、6人の社員がたむろしていて、みんな頭に剃り込みが入っていたんです」(久木野)

 「入社初日にやらされた仕事が、ライバル会社を『尾行すること』でした(笑)。ライバルの営業マンが武蔵野のエリアに入ってきそうになったら、『向こうに行け』と言う(脅す)のが仕事です」(小林)

 久木野と小林が入社時に配属された「ダスキン事業部」の別名は、「ブラック事業部」でした。

 「週休2日、9~17時」の求人広告を出していたものの、実際には、コンビニエンスストア「セブンイレブン」開店当初の営業時間(7~23時)を超えた勤務体系で、「週休1日、午前7~翌1時勤務」状態だったからです。

 アルバイトで入社した久木野は、すぐに「ブラック事業部」の洗礼を浴びました。

 「1日に訪問するお客様の数が、尋常ではなかった。多いときで、『1日に170軒』も回らされましたから……。
 同業他社の中には、1日に10~20軒しか回らない営業マンもいたので、それを考えると、武蔵野は正気の沙汰ではありません(笑)。『週休2日、9~17時』だと思って入社したのに、朝7時に出社して、夜中の1時頃家に帰る日もしょっちゅうでした。
 その後、ルートセールスから新規部門(インターネットのプロバイダ部門)に異動になったときは、『これでやっと深夜残業がなくなる』と思っていたのに、まったく逆でした。会社に泊まり込む日が続いた。布団なんてありませんから、ダンボールを床に敷いて寝ていました」(久木野)

 バンドを組み、ロックスターを夢見ていた小林は、音楽事務所の解散を機に、武蔵野で働くことになりました。

ギターをホウキに持ち替えた小林は、わが社で「気合と根性の本当の意味を知った」と言います。

 「武蔵野に、夢はなかったですね(笑)。上司の指導はそれはもう丁寧で、私が質問をすると、返ってくる答えはいつも、『うるせぇ、やれよ!』でした(笑)。
 辞めていくスタッフもたくさんいましたが、『辞める』ことが先輩に知れると何をされるかわからないから(笑)、みんな『逃亡』していました。
 要するに、夜逃げです。
 ただ不思議と、私は辞めようとは思わなかったですね。当時の武蔵野には、部活の延長みたいなノリがあったし、辞めずに残っている社員の一体感も強かったので、勤務時間が長くても、面白かったです。社長が率先してライバルを潰しにいく会社なんて、なかなかないですから」(小林)

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



残業ゼロがすべてを解決する

劇的な生産性アップにより、たった2年強で1.5億円の人件費削減!平均残業時間56.9%減、売上アップ率123.8%!なぜ、残業が激減したのに、過去最高益を更新したのか?●椅子なし●iPadで空中戦●モニタリングカメラ●企画書はテキトーなどの「残業ゼロ施策」で一石七鳥の効果! (1)過去最高売上・最高益更新 (2)劇的な生産性アップで人件費激減 (3)モチベーションアップで社内活性化 (4)ダラダラ社員がキビキビ動く (5)新卒採用で最大の武器になる (6)社員が辞めない会社に変わる (7)明るく健康で家庭円満になる!これからの時代、社員の犠牲の上での経営は成り立ちません。人を大切にする会社だけが生き残ります!全国32社の事例と社員・パートの声も収録!再現性が担保された一冊!「超ブラック企業」が「超ホワイト企業」に変わった奇跡とは?

「残業ゼロがすべてを解決する」

⇒バックナンバー一覧