ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司

就職難は学生のせい?それとも社会が悪い?
「内定の取れない」若者を作り出すシュウカツの実態
――人事・雇用ジャーナリスト 海老原嗣生氏との特別対談【後編】

石渡嶺司 [大学ジャーナリスト]
【第14回】 2011年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

よくある光景~社会が全部悪い

帝洋大学文学部推薦入試
問:次の各人の主張を読み比べ、固有名詞以外でどんな点が違うかを説明せよ。

異常就活反対学生連絡会・代表
学生が就職できないのはそうした状況に追いやっている社会が悪い。それなのに、学生を小馬鹿にして、自己責任と言うのはおかしい。景気を悪くした社会人が何を偉そうに。自分たちはできる限りのことをやっている。それを理解しないなんてひどい。

1泊2日2万円・就職合宿主催者
学生から金を取るとヒステリーに反応する奴がいるが、ビジネスをやって何が悪い。それに食費や会場費などほぼ実費だ。社会人向けセミナーに比べれば安いし。大学受験でも何でも他と変わらないじゃないか。え?参加しても内定が取れない?そんなの学生の責任。それを理解しないなんて言いがかりだ。

某週刊誌編集部・ツイッター
立ち読みで済ませたとのことですが悲しくなりました/私たちは一生懸命仕事しているのに代価が払われないなんて/ともかく、立ち読みはやーめーてーくださーいー/雑誌が読まれなくなる社会って異常とも思います

某食品会社・社長
産地偽装が良くないと非難されるがうちに限らず、他にもやっているところがある。うちなんかちょっと農薬汚染の米を混ぜただけじゃないか。それを言うなら手抜き工事の建設業界とかバカ騒ぎするだけのマスコミはどうなんだ。人のこと言えないだろう。うちだって生き残りに大変なんだ。それを理解しないなんてひどい。

某好戦国家・国営放送
本日、我が国家に不法侵略行為を働いた×国に対して宣戦を布告する。我が国家我が民族は平和を望むにも関わらず、×国は不法侵略を図ろうとし、何ら謝罪もない。これは許されざる暴挙であり、看過しえるものではない。なお、今後×国にいかなる災厄が起ころうともそれはわが民族わが国家に不当なる敵対行為を取り続けた×国の責任であることを付言しておきたい。

模範解答:全く同じ。
※ここまでの話はフィクションです

就職したいあまり重役を“奇襲”!?
昔も今も変わらない就活に悩む学生像

 皆さん、こんにちは。相も変わらず、国会図書館に通っている石渡です。先日は今から75年前、昭和11(1936)年の就活本を発掘していました。タイトルは『必ず成功する就職戦術』。今でも通用しそうなタイトルです。就職本刊行をお考えのご同業の方は国会図書館HPでタイトルを検索してみるといいかもしれません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石渡 嶺司 [大学ジャーナリスト]

1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。日用雑貨の営業の派遣社員、編集プロダクションなどを経て2003年に独立。日本全国350校を超える大学を調査、とくに就職活動をめぐって、学生や大学就職課、教職員団体、あるいは高校生向けに積極的な執筆や講演活動を行う。主な著書に『就活のバカヤロー』『最高学府はバカだらけ』(以上、光文社新書)、『ヤバイ就活!』『就活のバカタレ!』(以上、PHP研究所)などがある。


みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司

「第二次就職氷河期」といわれる現在。学生、企業、大学、親など、取り巻く関係者すべてに悲壮感が漂っている。こうした悲壮感が漂うなか、彼らの実態とはどのようなものなのか。その様子を時系列で追いながら、誰が就活を悲惨にしているのか、“犯人”を探る。

「みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司」

⇒バックナンバー一覧