ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「平成元年」驚きの回顧録

バブル期が転機、「半ドン」「個人情報ダダ漏れ報道」の消滅

和泉虎太郎 [ノンフィクションライター]
【第7回】 2016年12月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

バブル真っ只中の1989年(平成元年)から四半世紀が経ち、変わったのは政治や経済だけではない。日本人の多くが「いつの間に!?」といぶかるような世相の変化を見てみよう。(ノンフィクションライター 和泉虎太郎)

「半ドン」が消えていき
「ハナモク」がブームに

 1989年1月14日から、官公庁の土曜閉庁が始まった。閉庁するのは第2、第4土曜日だけだが、ということは、1988年までは公務員は週休2日ではなく、土曜日も午前中だけ働いていたわけだ。いまでは死語になっているのが、土曜日の午後が休みであるという「半ドン」だ(ドンは休日を意味する「どんたく」が短くなったもので、オランダ語で日曜日を意味する「ゾンターク」が江戸時代に日本語に取り込まれたものとされる)。

今では当たり前の「土曜日はお休み」は、1989年(平成元年)から始まった。それから3年の歳月を経て、国家公務員の完全週休2日制、そしてすべての金融機関の土曜日休業へとつながっていった 写真:毎日新聞社/アフロ

 国家公務員の完全週休2日制が実施されたのは92年5月1日から。金融機関がすべての土曜日を休業としたのはこの年の2月4日からだ。

 公務員や金融機関の週休2日制採用に合わせるように、民間でも従業員1000人以上の大規模企業でこの時期、急速に週休2日制が広まっていく。しかし、厚生労働省の統計によると、現在でも完全週休2日制(1週間に必ず2日、休日がある)は全体の5割、大規模企業でも7割でしかない。

 ちなみに日本で最初に完全週休2日制を導入したのは松下電器産業(現パナソニック)、1965年のことである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

和泉虎太郎[ノンフィクションライター]

いずみ・こたろう/1961年、熊本市生まれ。1991年より20年間、ビジネス系雑誌で地域経済などを担当し、日本の各都市の多様性に驚き、統計の数字に耽溺する。地方都市の取材にかこつけて全国で入りまくったサウナは700カ所を超える。


「平成元年」驚きの回顧録

天皇の生前退位の検討開始を受けて、平成の終わりについて、静かに議論が始まりつつある。 空前のバブル経済真っ只中にあった平成元年はどんな年だったのだろうか?改めて今、「平成」の世を 振り返る。

「「平成元年」驚きの回顧録」

⇒バックナンバー一覧