ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

残業を減らしたければ部下の「頑張る姿」を評価するな

安藤広大 [識学代表取締役社長]
2017年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 確かに、そういう方も多くおられるでしょう。

 私が、コンサルティングをしている時に、こういう質問をすることがあります。

 「『忙しい』時にはどういう対策を取りますか?」

 そうすると、多くの場合、

 「人を増やす」
 「長く働く」
 「アウトソーシングする」
 「仕事を減らす(他の部署に振る)」

 といった答えが返ってきます。

仕事にかかっている
時間を短縮する

 しかし、不思議と「一つの仕事にかかっている時間を短縮する」という答えは返って来ないのです。

 2つ目の長時間労働に対する対策は、「時間を短縮する」ということです。

 「何を当たり前のことを言っているんだ」という風に感じた方もおられるかもしれません。しかし、この「当たり前のこと」を意識し続けてマネジメントに取り組まれている方は、あまり多くありません。

 それでは、この「当たり前のこと」を意識し続け、なおかつ、マネジメントができているとは、どういう状態を指すのでしょうか。

 それは、

 「部下への指示に対して、常に期限設定ができている」
 「部下が提示してきた、一つの仕事にかかる時間を常に『疑う』ことができている」

 という状態です。

 まず、部下が取り組む業務に「期限の設定がない」ということは、部下が「時間を短縮する必要性がない」という状態です。

previous page
3
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

安藤広大 [識学代表取締役社長]

あんどう・こうだい/1979年、大阪生まれ。
2002年に早稲田大学を卒業し、株式会社NTTドコモ入社。2006年、ライク株式会社入社。
主要子会社のライクスタッフィング株式会社にて取締役営業副本部長などを歴任。
2013年、「識学」と出会い独立。2015年、株式会社識学を設立。

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧