「3分の1ルール」のうち、菓子・飲料に関しては、平成26年度にはイトーヨーカ堂、東急ストア、ユニー、セブン-イレブン・ジャパン、サークルKサンクスで、平成27年度にはファミリーマート、ローソン、デイリーヤマザキ、スリーエフ、イオンリテール、ポプラでも緩和されています(出典:農林水産省食料産業局発表資料)。

 ローソンに連絡した際、広報の方が「セミオート発注システム」について教えてくださいました。需要と供給の差(=廃棄ロス)を少なくする取り組みで、2015年秋に導入したそうです。このシステムでは、各店舗の直近の販売実績、曜日、天候、気温、競合環境、カード会員の購買データなど、約100項目の条件をベースに、どれくらい売れるかという販売予測を立て、店舗が発注するとよいと考えられる商品数を自動算出し、推奨しています。この推奨値を元に、最終的には店舗オーナーが決めているとのこと。廃棄ロスだけではなく、商品を売り逃してしまうロス=機会ロス・販売チャンスロスも最小限にとどめることを目的としています。

 このようにコンビニ各社は、食品廃棄物の削減には前向きに取り組んでいます。それではなぜ毎年、恵方巻の大量廃棄が取り沙汰されるのでしょうか。

スーパーよりも
コンビニの方がロスを減らしづらい

 今回、複数の食品小売企業の15名に“個人的見解”を伺うことができました。まず、恵方巻については、スーパーとコンビニと「調理の面での差」があります。スーパーの場合、店舗内での調理が可能です。今回伺った企業では、「店で巻いて作り値引きして売りつくす」、「恵方巻の消費期限を8時間延長」、「閉店前の段階で残数を数え担当者へ連絡してロスをなくした」、「消化率の悪い店から消化率の良い店へと振り替えした」等の答えが返ってきました。

 かたやコンビニの場合、唐揚げなどの一部商品では店内調理はあるものの、恵方巻は店内で巻いているわけではありません。したがって、スーパーのように、販売在庫や客の入りを見ながらの製造調整は難しく、また基本的に店舗の裁量で値下げができないため、恵方巻に関しては「コンビニの方がロスを減らしづらいのでは」とのことでした。

 ついでに、スーパーの方々に、「なぜ食品廃棄がなくならないのか」と伺ったところ、「品切れ=罪悪・容認されない・恐怖・販売チャンスロス」、「過剰在庫にどれだけ余分なコストがかかっているのか社員が把握していない」、「ある程度のボリュームがないと売り場が映えない」等が挙げられました。ちなみに、品切れなどの機会損失については、むしろスーパーよりコンビニの方がより厳格でシビアなのが、流通業界の“常識”ということです。ということは、コンビニでも「食品廃棄の根絶は難しい」と、容易に想像できます。