ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代を後悔しない50のリスト
【第2回】 2011年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
大塚 寿 [エマメイコーポレーション代表取締役]

40代は走る方向が180度変わってしまう
人生のターニングポイント

1
nextpage

40代は「必要なスキル」が変わる

 実は40代は20代、30代の延長ではありません。もちろん時間的にはつながってこそいるものの、大きな断絶があるのです。

 40代には、マラソンの折り返し地点のように一通過点であっても、走る方向が180度変わってしまうのに似た変化のポイントがあります。

 その正体は、20代にまいた種を30代で育て、40代で収穫するという収穫期に入ったことからくるライフサイクル的な変化です。仕事でいえば、組織の中で2、30代というのはずっと脇役で、40代になると初めて主役を任されるチャンスが巡ってきます。

 具体的には、それまではプレーヤーとして個の力を発揮することに集中していればよかったものが、今度は自分一人ではなく、まわりの力を発揮させて、さらにそれぞれの力を結集することだけでなく、その力を発揮する方向まで描くことを求められるようになるのです。

 当然、部下やメンバーだけでなく、関係部門や上司や経営、あるいは顧客など関係する人との接点は著しく増えて、自分の業務というより何かの調整業務にやたらと時間を取られるようになるのです。

 ある意味、2、30代は猪突猛進型でも、真面目にコツコツ型のどちらでも許されましたが、まわりを調整しながら、リーダーやマネジャー的な役割を求められる40代が、まだ猪突猛進では若いメンバーは引いてしまいます。

 30代までは個のスキルを磨くことがメインでしたが、40代になると個のスキルアップはもちろん、もっとまわりを巻き込んで、まわりを動かすマネジメントスキルが求められる役まわりになるといってもいいでしょう。

 2、30代とは求められているものが違うわけですから、当然、考え方や行動を変えないと業績をあげられなかったり、まわりの期待に添えなかったりということも少なくありません。

 しかし、本人はそこまで思慮が及ばず、5、60代になって初めてそのことに気づいて、40代を後悔するのですが、もはや後の祭りです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


 

大塚 寿(おおつか・ひさし) [エマメイコーポレーション代表取締役]

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。


40代を後悔しない50のリスト

1万人から聞き出した後悔年齢は「40代」。職場や家庭でも何かと背負うものが多い「空白の10年」をいかに過ごせばいいのだろうか。30代の延長では失敗するという先人たちの後悔から、40代の生き方・働き方が見えてきた。

「40代を後悔しない50のリスト」

⇒バックナンバー一覧