ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?
【第3回】 2011年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

あなたも遺産相続トラブルに巻き込まれる

1
nextpage

 老人ホームの情報収集を始めたら、次に重要なことは、親が「遺言書(いごんしょ、ゆいごんしょ)」の重要性を認識することです。その理由は、親が遺言書を遺すことで、親の死後の相続トラブルをある程度予防できるからです。

 「親が遺言書の重要性を認識すること」という表現は、まどろっこしく聞こえると思います。このまどろっこしい表現の理由は、次のとおりです。

 遺言は、民法で規定される法律行為のうちの「単独行為」(単独の意思表示を要素とする行為)です。つまり、遺言書を作成するのが親の場合、あくまで「親単独」で行なう法律行為なのです。このため、子供が親に遺言書作成を働きかけたり、強制したりすることによって、親が遺言書を作成するというのは遺言書の趣旨に合わないのです。

 その一方で、遺言書がないために親の死後に相続トラブルが発生した場合、迷惑するのは残された子供などの相続人です。しかし、繰り返しになりますが、親の遺言書は、親単独の意思表示であり、子供の意思を反映させる趣旨のものではないのです。

 したがって、これらを踏まえると、親が遺言書の重要性を認識し、「自らの意思で」死後の相続トラブルが起こりにくい内容の遺言書を遺すことが望まれます。

 相続については、まず遺言書が優先します。遺言は、その人が死ぬと同時に、身分上、あるいは財産上の事柄について、法的効力を発生させようとする意思表示だからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    捨てる力 ブッダの問題解決入門

    大喜多健吾 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    多くのビジネスパースンが抱える悩みは、「煩悩、偏見、執着」に捉われているせいです。ブッダの教えにしたがって、「煩悩」を静め、[偏見」を捨て、「執着」を手放せば、本当に必要なものが手に入り、人生は好転し始めます。仏教の教えを問題解決の方法に応用した初のビジネス書。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

    新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。日本総合研究所等を経て、02年3月村田アソシエイツ設立、同社代表に就任。06年2月東北大学特任教授、08年11月東北大学加齢医学研究所 特任教授、09年10月に新設された東北大学加齢医学研究所スマートエイジング国際共同研究センターの特任教授に就任。エイジング社会研究センター代表理事。わが国のシニアビジネス分野のパイオニアであり、高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆も多数。
     


    もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?

    あなたの親は70歳を過ぎていますか? まず、親が70歳を過ぎ元気なうちにやるべきことは、親が将来、認知症になったり、要介護や寝たきりになったときの備えと、亡くなった後のトラブル予防です。

    「もし親に何かあったらあなたの生活はどうなるか?」

    ⇒バックナンバー一覧