ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

管理すべきなのは経済プロセス全体のコスト

上田惇生
【第50回】 2008年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
未来への決断
ダイヤモンド社刊
2427円(税別)

 「コストの多くは“あいだ”に存在する。原材料の納入者とメーカーのあいだ、メーカーと流通業者のあいだで発生し、しかもそのいずれでも計上されない」(『未来への決断』)

 経済活動の究極の主役たる最終消費者にとって、意味があるのは経済プロセス全体のコストである。

 原材料の納入者、部品メーカー、アセンブラー、卸、小売り、サービス店は、そのプロセスにおける連鎖の一つにすぎない。

 プロセス全体のコストを管理するには、プロセス内の諸々の関係を再構築し、行動様式を変えなければならない。たとえば、プロセスを構成する組織のそれぞれが、おのおのの異なる会計システムを、互いに接続しなければならない。

 あらゆる製品が、コストの積み上げによる価格設定では競争に勝てなくなった。まず先に価格を設定し、それに合わせてコストを削り込むことが今日の標準的な価格戦略である。

 この価格主導のコスト管理への移行も、経済プロセス全体のコストを管理することによって容易になる。

 法的にも独立した企業は、株主、債権者、従業員などにとっては現実の存在である。だが、経済的には経済プロセスの一部分に存在する仮の姿にすぎない。

 「経済連鎖全体としてのコスト管理が必要である。経営戦略や製品企画などあらゆる活動について、法的な枠組みを超え、事業全体を把握してマネジメントすることが必要である」(『未来への決断』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧