ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司

中小企業でも年収1000万円以上は夢じゃない!?
ライバル就活生が知らない優良企業を一挙大公開!

石渡嶺司 [大学ジャーナリスト]
【第19回】 2011年4月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆さん、こんにちは。当連載の累計PVが500万を突破した石渡です。ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

 そして、この連載の書籍化が6月ごろになることがほぼ内定しました。なぜ「ほぼ内定」かと言いますと、書籍刊行の話自体はすでに決定済み。ただ、連載をそのまま書籍とするのではなく、「冒頭のフィクション部分を漫画化」「本文は追加取材などをして改稿」が条件。現在、その作業をフルスピードで進めています。

 刊行時期が決まりましたら、また改めてお知らせします。

 それから、タイトルについて、今週、アンケートを実施しますのでご協力のほどよろしくお願いします。

文系出身者でも活躍できる光学部品メーカー
「ナルックス」の気になる採用事情 

 さて、今週のテーマは「無名企業・第二弾」です。リクナビで年収1000万円以上出すと言いきっている企業があります。

 「当社は世界標準の見地から能力の高い人はどんな高収入でも得られるのが当然であると考えています。将来的には年収1000万円~1500万円、さらにそれ以上得ることも可能です」

 サラリーマンの平均年収は406万円。その倍以上と言うのはなかなかあるものではありません。

その企業の名前はナルックス。どんな企業か、取材に行ってきました。取材に応じてくれたのはナルックス株式会社総務部で採用をご担当されている岩川大祐さんです。

岩川 「弊社のメインは光学プラスチック製品ですが、ガラス製品も開発しています。3本柱の一つであったプリズムの需要は減ってきており、現在はプリンターに使われるfθレンズ、DVDやCD・ブルーレイディスクの読取り・書き込み系に使われるPICKUPレンズ、その他イメージングレンズ等が主力製品です」

 さあ、のっけから文系出身の石渡にはイメージしづらい話が登場しました。簡単にまとめると、光学部品メーカーということでしょう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石渡 嶺司 [大学ジャーナリスト]

1975年生まれ。東洋大学社会学部卒業。日用雑貨の営業の派遣社員、編集プロダクションなどを経て2003年に独立。日本全国350校を超える大学を調査、とくに就職活動をめぐって、学生や大学就職課、教職員団体、あるいは高校生向けに積極的な執筆や講演活動を行う。主な著書に『就活のバカヤロー』『最高学府はバカだらけ』(以上、光文社新書)、『ヤバイ就活!』『就活のバカタレ!』(以上、PHP研究所)などがある。


みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司

「第二次就職氷河期」といわれる現在。学生、企業、大学、親など、取り巻く関係者すべてに悲壮感が漂っている。こうした悲壮感が漂うなか、彼らの実態とはどのようなものなのか。その様子を時系列で追いながら、誰が就活を悲惨にしているのか、“犯人”を探る。

「みんなの就活悲惨日記 石渡嶺司」

⇒バックナンバー一覧