ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

三菱商事が伊藤忠から1年で首位奪還でも素直に喜べない理由

週刊ダイヤモンド編集部
2017年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 伊藤忠商事の業界トップの座は“三日天下”に終わりそうだ。

 三菱商事が2016年度通期純利益予想を3300億円から4400億円へ上方修正し、3500億円に据え置いた伊藤忠を抜き去る見通しとなった。

 三菱商事は15年度に資源関連の減損計上で約1500億円の赤字に転落し、首位の座を伊藤忠に明け渡したが、わずか1年でトップに返り咲くことになる。

 だが三菱商事の社内には、伊藤忠が初の首位に立ったときに、それこそ狂喜乱舞したほどの熱狂はない。それが業界の“優等生”を宿命付けられた三菱商事の社風といってしまえばそれまでだが、あまり大っぴらに喜べない事情もあるようだ。

原料炭高騰が追い風に

 三菱商事が決算発表した今月2日、鉄鋼大手3社の16年度第3四半期決算も出そろった。経常損益は新日鐵住金が41%減の1085億円、ジェイ エフ イー ホールディングスは30%減の441億円、神戸製鋼所は260億円の赤字に沈んだ。3社の主な減益要因は原料炭の高騰だ。

 原料炭価格は、15年末に1トン当たり80ドルを割り込んだが、中国の供給抑制や生産障害などを背景に昨年夏以降に急騰。11月には310ドル前後の高水準に達し、原料炭を主原料とする鉄鋼メーカーとすればこの価格上昇が痛かった。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧