ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA
【第6回】 2017年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
三木雄信

ソフトバンク元社長室長が初公開!
急成長を支えた「高速PDCA」とは?

1
nextpage

「仕事が進まない」「今日も残業だ」「結果が出ない」……こうした問題を、すっきり解決してくれる手法がある。PDCAを超スピードで回す「高速PDCA」だ。ソフトバンクでは6万人超の社員がこの手法を使い、わずか30数年で8兆円企業を誕生させた。
9年にわたり孫社長の右腕として活躍した元ソフトバンク社長室長・三木雄信氏の話題の本『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』から一部抜粋して紹介する。

そもそもPDCAはどんな仕組み?

 「PDCAはどういう仕組みだっただろうか」

 そういう人は案外多いのではないでしょうか。

 実はきちんと回したことがない。でも、何となくPLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(改善)のPDCAのサイクルに沿って仕事をしたという経験はある。ただ、詳しいことはわからない。

 そんな人のためにも、まずはPDCAをおさらいします。
 たとえば、売上に伸び悩むコンビニがあったとします。

 このコンビニでは利用者にアンケートをとった結果、売上が伸び悩んでいる原因は商品の魅力不足にあることがわかりました。店長は、さっそく新商品を入荷することに決めましたが、どのような商品が受け入れられるのか、見当もつきません。

 そこで、PDCAサイクルで売れる新商品を探すことにしました。

 (1)新商品の一覧から売れそうな商品を1つ選ぶ
 (2)新商品の1ヵ月の販売目標を立てる(PLAN)
 (3)選んだ商品を売り出す(DO)
 (4)1ヵ月後、新商品の売れ行きを検証する(CHECK)
 (5)売れなかった理由を分析し、より売れそうな新商品を売り出す(ACTION)
 (6)(2)~(5)のプロセスを繰り返して、売れそうな新商品を探す

 こうして売れそうな新商品にあたりをつけていく。すると、いつかはそのお店の売上を改善する新商品が見つかるはずです。これが通常のPDCAサイクルの基本です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

加谷珪一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
世界のお金持ちは、どうやってお金持ちになったのか? 実はお金持ちだけが知っている「お金持ちになる王道」があった! ビル・ゲイツ、イングヴァル・カンプラード、松下幸之助、坂本孝……彼らに共通するお金持ちになるための必須の資質とは? 億万長者との対話でわかったお金持ちになる秘密を大公開!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



三木雄信

1972年、福岡県生まれ。東京大学経済学部卒業。三菱地所㈱を経てソフトバンク㈱に入社。ソフトバンク社長室長に就任。孫正義氏のもとで、マイクロソフトとのジョイントベンチャーや、ナスダック・ジャパン、日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)買収、およびソフトバンクの通信事業参入のベースとなった、ブロードバンド事業のプロジェクトマネージャーとして活躍。また、一連の事業を通して「高速PDCA」の土台を構築する。
2006年に独立後、ラーニング・テクノロジー企業「トライオン株式会社」を設立。1年で使える英語をマスターするOne Year English プログラム〈TORAIZ〉を運営し、高い注目を集めている。
自社経営のかたわら、東証一部やマザーズ公開企業のほか、未公開企業の社外取締役・監査役などを多数兼任。プロジェクト・マネジメントや資料作成や、英語活用など、ビジネス・コミュニケーション力向上を通して、企業の成長を支援している。
多数のプロジェクトを同時に手がけながらも、ソフトバンク時代に培った「高速PDCA」を駆使し、現在は社員とともに、ほぼ毎日「残業ゼロ」。高い生産性と圧倒的なスピードで仕事をこなし、ビジネスとプライベートの両方を充実させることに成功している。
 


孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA

どんなにハイレベルな仕事でも、PDCAを使って超スピードで、かつ確実に成果を出す仕事術。仕事がうまくいかない、時間がかかってしまう、今日も残業だ……ビジネスパーソンの多くが日々、こうした課題と格闘しているのではないでしょうか。こうした問題をシンプルに解決する方法が、本書で紹介する「PDCA」です。
長年、ソフトバンク孫正義社長のハードな要求、すなわち「むちゃぶり」に答えてきた著者が、具体的にどうPDCAを回すことで、すぐれた仕事をしてきたのか、そのためのノウハウを紹介します。

「孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA」

⇒バックナンバー一覧