ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

イーライリリー会長・社長兼CEO
ジョン C. レックライター
世界中に提携を張り巡らせ
革新的な医薬品を開発する

週刊ダイヤモンド編集部
2011年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──他社同様、主力薬の特許切れを機に、安価な後発薬にシェアを奪われて売上高が激減する“パテントクリフ”に苦しんでいる。

 確かに、特許切れに直面している。抗ガン剤「ジェムザール」に続いて、今年の年末には統合失調症治療薬「ジプレキサ」も特許切れを迎える。

 しかし、新薬を投入できるので明るい見通しもある。現在、臨床開発段階にある薬が70品目、今年は(最終的な)第三相試験に少なくとも10品目が進む見込みである。

──2011年の総収益は前年の横ばい、ないし微増を見込む。成長路線に戻す戦略の機軸は。

 革新的な医薬品を創出することに集中する。基礎研究から患者さんに薬を届けるまでのプロセスを加速させ、より安価にする努力をしてきている。

 その一つが、提携戦略だ。(基礎研究や開発などさまざまな分野で組む)最適なパートナー群として「FIPNet(フィプネット)(完全統合型製薬ネットワーク)」を構築してきた。すべてを自社の経営資源で賄おうとせず、より多くのパートナーの得意分野を組み合わせることで、コストダウンも実現できる。創薬のパートナーは研究所や大学、バイオベンチャーなど数百に上る。もちろん日本企業も含まれる。

 史上最大規模なのが、1月に発表した独ベーリンガーインゲルハイム(BI)との提携だ。われわれは今後数年で、グローバルに糖尿病薬を4品目投入していく。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧