ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~
【第13回】 2008年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
内藤誼人  [心理学者]

「3回の食事」より、「1回のお酒」

1
nextpage

 最近では、交際費についてうるさくなってきたので、接待という習慣が少しだけ薄れてきたような印象を受ける。バブル期のように料亭で豪勢な接待をしているのは、慎もうという風潮があるのだ。

 しかし、「食事をする」というのは、お互いに腹を割って話すときに、かなり効果的な方法であることはいうまでもない。

 お腹がいっぱいになって満足感を味わうと、私たちはだれしも饒舌(じょうぜつ)になるものである。それはお酒を飲みに行けば、すぐに理解できる。どの居酒屋に入ってみても、そこにはお客の高らかな笑い声が絶えない。愚痴や不満などを大声でしゃべっている人たちも多い。

 食事をさせたり、お酒を飲ませれば、別に高度なテクニックを使わなくとも、相手のホンネや意見をはっきりと聞き出すことができるのだ。

人は満腹になると
饒舌になる

 説得技法のひとつに、「ランチョン・テクニック」と呼ばれる方法がある。

 ランチョンというのは、「昼食」のことであって、「昼食を一緒にとれば、それだけお互いの親密感が高まる」という、欧米のビジネスマンがよく利用する方法だ。日本人の場合には、夜の接待のほうがどちらかというと主流であるから、「ディナー・テクニック」と言い換えてもいいだろう。

 部下の勤務態度がどうにも目について、やる気も感じられないとしよう。こんなときは、「どうした?何か悩みでもあるのか?」と問いただしてみても、部下のほうは、すぐにホンネを語ってくれないかもしれない。

 ところが、「ちょっとお腹すかないか。何かつまみながら、話でもしようや」と食事に連れ出すと、思わぬホンネを聞き出せるかもしれない。満腹にさせれば、それなりに快の状態になり、それによって部下も口を開くようになるのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



内藤誼人 [心理学者]

慶応義塾大学社会学研究科博士課程修了。(有)アンギルド代表取締役。現在は、企業研修や講演等で、心理学の法則をもとにした人材育成や販売促進、企画力促進などに力を注いでいる。著書に『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『人は「暗示」で9割動く!』(すばる舎)、『パワーセルフ』(ダイヤモンド社)ほか多数。


悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~

ビジネス成功したいなら「お人よし」になるな!ビジネスに「ズルい」という言葉はない!自分のホンネはさらさずに相手のホンネを一方的に探り出すための「したたか」で「狡猾」な“悪魔の”対話術を伝授する。

「悪魔の対話術 ~ビジネスで「したたか」に成功する~」

⇒バックナンバー一覧