ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞記事から学ぶ経営の理論
【第2回】 2011年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
渋井正浩 [エムエス研修企画 代表取締役]

OA機器の強者リコーが、“弱者の戦略”でLED照明市場に参入!

1
nextpage

なぜOA機器の大手、リコーが
LED照明に参入するのか

 今年の夏、企業活動や個人の生活に大きな影響を与えそうなのが電力規制です。東日本中心に各企業、ご家庭でもどうやって節電していくかを検討している方が多いのではないでしょうか。

 その電力消費の中で約2割を占めているのが照明に使う電力です。照明の分野では、震災前から消費電力の少ない発光ダイオード(LED)照明が注目されていましたが、節電需要の高まりで、メーカー各社は商品の拡充や増産を検討し始めています。

 そんな中、OA機器メーカーのリコーがLED照明事業に参入すると発表し、4月21日の日経新聞の1面トップでも取り上げられました。リコーといえば、コピーやプリンター、デジタル複合機などのOA機器分野で、キヤノンや富士ゼロックスと首位争いを演じている大手企業です。そんなOA機器大手のリコーが、畑違いの照明分野に参入する、ということで果たして成功するのだろうか、ちょっと無謀なのではないかとお感じになる方も多いのではないでしょうか。

 今回は、リコーがLED照明市場に参入した経緯と、この市場でどうやってライバルと戦おうとしているのかをランチェスター戦略の視点から解き明かしていきます。

 まずリコーとLEDの関係ですが、リコーはプリンターの部品ですでにLEDを採用しています。LEDプリンターと呼ばれ、一般的なレーザープリンターのレーザー発生部分の部品をLEDに置き換えた商品です。リコーは同プリンターですでにLEDの調達ルートや商品化など技術的な蓄積がありました。そこにLED照明の市場拡大が見込まれるようになり、事業化に踏み切ったと考えられます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


渋井正浩 [エムエス研修企画 代表取締役]

1988年東北大学経済学部卒業、協和銀行(現りそな銀行)入社。主に本社にて法人向け融資審査を担当。2005年りそな銀行を退職し、エムエス研修企画入社。現在は主に企業向けの人事研修コンサルティング、研修コンテンツ作成を中心に活動中。
ホームページ: http://www.womanf.co.jp/
ブログ: http://ameblo.jp/sibuyanohiro/
 


新聞記事から学ぶ経営の理論

経営理論は、具体的な例とともに覚えるのがもっとも効果的。本連載では、新聞や経済誌の記事を題材にし、コトラーやポーターなどの著名な経営理論を解説します。経営理論は難しいと思っていた人でも、目から鱗です。また何気なく読んでいた記事が意味するところも、より深くわかるようになります。

「新聞記事から学ぶ経営の理論」

⇒バックナンバー一覧