ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30分で英語が話せる
【第3回】 2011年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
クリス岡崎

英語の文法は「1つだけ」覚えればOK
「誰が→どうする→何を」の順番で並べよう

1
nextpage

英語の文法で大切なことは「1つだけ」。絶対に覚えておいてほしいのは、英語の「文章の骨格をなす単語」を、【誰が→どうする→何を】の順番でならべるってことだけ。あとの単語の要素は、その後にくっつけとけ、ぐらいでも、大丈夫なんだ!

文法は「1つだけ」覚える。
【誰が→どうする→何を】だけで大丈夫

 英語には「文法」というものがある。キミがすごく「苦手」にしている、あれです、あれ。

 でも、「文法」って、そんなに難しく考える必要はないんだ。

 とりあえず、覚えておいてほしいのは【誰が→どうする→何を】の順番で単語をならべるってことだけ!

 これは、つまり、【誰が(S)→どうする(V)→何を(O)】ってことだから、「S(主語)」と「V(動詞)」と「O(目的語)」を覚える必要があるんだ。まず、この3つを解説しちゃうね。

①【S(Subject:主語)】→「名詞」がなることができる。

 「名詞」っていうのは「モノ」 「コト」 「ヒト」などを表す「単語」のことだよ。

 たとえば、apple(りんご)とか、rain(雨)とか、she(彼女)みたいな、「モノ」 「コト」 「ヒト」を表す単語を「名詞」と言います。カンタンでしょ?

 she(彼女)とか、 he(彼)とかは、本当は「代名詞」なんだけれど、名詞とほぼ一緒! ぐらいに考えてもらってOKです。

②【V(Verb:動詞)】→「動詞」がなることができる。

 「動詞」とは「動作を表す単語」のことだよ。

たとえば、run(走る)とか、talk(話す)とか、have(持つ)みたいな、動作や動きを表す単語を「動詞」と言います。日本語だと主に「【う行】で終わる言葉」が多くて、その中でも「う・く・す・つ・む・ゆ・る」で終わる言葉が、主に、動作を表すんだよ。

 「う」→買う(動作)
「く」→書く(動作)
「す」→話す(動作)
「つ」→立つ(動作)
「む」→はさむ(動作)
「る」→生きる(動作)

③【O(Object:目的語)】→「名詞」がなることができる。
「名詞」については、さっき説明したよね。「モノ」 「コト」 「ヒト」などを表す「単語」のことだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



30分で英語が話せる

やっほ~! 『30分で英語が話せる』に興味を持ってくれたみんな~! ありがとね~!クリス岡崎です! この記事はね、「たった2つのことを覚えるだけで」で、30分で英語が話せるようになっちゃうっていう、すごい記事なんだよ! イェーイ!

【1】みんながすでに知っている「700語の英単語だけ」で会話ができる
【2】「たった6つの正しい発音」覚えるだけで、ネイティヴに通じる英語になる

このたった2つのことを覚えるだけだから、「30分で英語が話せる」ようになっちゃうってことなんだ! すごいでしょ!
そして、「ひと言」でもネイティヴに自分の英語が通じると、一気に「英語って楽しい!」ってなっていって、もっと、もっと、「英語がやりたい!」っていう気持になっていく。「英語が話せる」って、ほんっっっっっっとうに楽しいものだよ!

「30分で英語が話せる」

⇒バックナンバー一覧