ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
30分で英語が話せる
【第3回】 2011年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
クリス岡崎

英語の文法は「1つだけ」覚えればOK
「誰が→どうする→何を」の順番で並べよう

1
nextpage

英語の文法で大切なことは「1つだけ」。絶対に覚えておいてほしいのは、英語の「文章の骨格をなす単語」を、【誰が→どうする→何を】の順番でならべるってことだけ。あとの単語の要素は、その後にくっつけとけ、ぐらいでも、大丈夫なんだ!

文法は「1つだけ」覚える。
【誰が→どうする→何を】だけで大丈夫

 英語には「文法」というものがある。キミがすごく「苦手」にしている、あれです、あれ。

 でも、「文法」って、そんなに難しく考える必要はないんだ。

 とりあえず、覚えておいてほしいのは【誰が→どうする→何を】の順番で単語をならべるってことだけ!

 これは、つまり、【誰が(S)→どうする(V)→何を(O)】ってことだから、「S(主語)」と「V(動詞)」と「O(目的語)」を覚える必要があるんだ。まず、この3つを解説しちゃうね。

①【S(Subject:主語)】→「名詞」がなることができる。

 「名詞」っていうのは「モノ」 「コト」 「ヒト」などを表す「単語」のことだよ。

 たとえば、apple(りんご)とか、rain(雨)とか、she(彼女)みたいな、「モノ」 「コト」 「ヒト」を表す単語を「名詞」と言います。カンタンでしょ?

 she(彼女)とか、 he(彼)とかは、本当は「代名詞」なんだけれど、名詞とほぼ一緒! ぐらいに考えてもらってOKです。

②【V(Verb:動詞)】→「動詞」がなることができる。

 「動詞」とは「動作を表す単語」のことだよ。

たとえば、run(走る)とか、talk(話す)とか、have(持つ)みたいな、動作や動きを表す単語を「動詞」と言います。日本語だと主に「【う行】で終わる言葉」が多くて、その中でも「う・く・す・つ・む・ゆ・る」で終わる言葉が、主に、動作を表すんだよ。

 「う」→買う(動作)
「く」→書く(動作)
「す」→話す(動作)
「つ」→立つ(動作)
「む」→はさむ(動作)
「る」→生きる(動作)

③【O(Object:目的語)】→「名詞」がなることができる。
「名詞」については、さっき説明したよね。「モノ」 「コト」 「ヒト」などを表す「単語」のことだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)




30分で英語が話せる

やっほ~! 『30分で英語が話せる』に興味を持ってくれたみんな~! ありがとね~!クリス岡崎です! この記事はね、「たった2つのことを覚えるだけで」で、30分で英語が話せるようになっちゃうっていう、すごい記事なんだよ! イェーイ!

【1】みんながすでに知っている「700語の英単語だけ」で会話ができる
【2】「たった6つの正しい発音」覚えるだけで、ネイティヴに通じる英語になる

このたった2つのことを覚えるだけだから、「30分で英語が話せる」ようになっちゃうってことなんだ! すごいでしょ!
そして、「ひと言」でもネイティヴに自分の英語が通じると、一気に「英語って楽しい!」ってなっていって、もっと、もっと、「英語がやりたい!」っていう気持になっていく。「英語が話せる」って、ほんっっっっっっとうに楽しいものだよ!

「30分で英語が話せる」

⇒バックナンバー一覧