ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いつもの服であか抜ける
【第1回】 2017年4月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
山本あきこ [スタイリスト]

普段着ている服でおしゃれになる、人気スタイリストのテクニック

1
nextpage

シンプルな服同士を合わせると、生活感が出て野暮ったくなってしまう。

服を着たときに、そう感じることはありませんか?
若いときは若さでどんな服でも似合いますが、年をとると、服を着るのにはテクニックが必要になります。

でも、新しい服を買う必要なんてありません。

すでに自分の持っている服を、ちょっとの知識で驚くほどおしゃれに着ましょう。
教えてくれるのは、「シンプルな服を驚くほどおしゃれに見せる」ことに定評のある山本あきこさん。

ベストセラーになった『毎朝、服に迷わない』から、朝2分でできる簡単なテクニックをご紹介します。

お腹を目立たせないバンザイブラウジングをする

まずは、大抵の人が持っている白シャツ。

山本さんは、この白シャツが似合わない女性はいないと断言します。

ただ、下にデニムや黒やネイビー、ブラウンのパンツを合わせるだけだと、悪くはないけれど、面白みのない恰好ですよね。
ここで必ずしてほしいのが、シャツをインすること。

シャツをインするだけで、ウエストの位置をしっかり見せることができて、必ず足が長く見えます。

 「私はお腹が気になるから」といってしていない人は、本当に損です。

してないと、もっさりあか抜けなく見えて、「ああいう人、いるよね」と誰からも黙殺されるだけです。
また、「ブラウジング」をすると、お腹は気になりません。

ブラウジングとは、シャツをパンツから引っ張り出して少したるませること。

シャツをパンツにインをしたら、バンザイをしましょう。そうすると、自然にシャツが出てきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    山本あきこ [スタイリスト]

    スタイリスト。1978年生まれ。
    女性誌や広告など多くのスタイリングを手がけながら、「女性にとても大切な外見力をあげるため、服の買い方や見せ方を、一般の人でもプロのスタイリストに気軽に相談できる場をつくりたい」と、2013年より毎月個人向けのパーソナルスタイリングや、スタイリングを教える講座など行う。それ以来、予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れない」スタイリストに。
    ママ雑誌やぽっちゃりさん向けの雑誌、OL向けの雑誌など、あらゆる年齢や体型などにスポットをあてた媒体で、モデルだけではない様々な人たちに似合うスタイリングに定評がある。多くの経験に基づくルールを持ち、シンプルな洋服を主体に、小物で味つけしたスタイリングで、瞬く間にその人本来の魅力を引き出すファッションを得意とする。今までつくってきたコーディネート数は15万を超える。
    スタイリングを受けると「朝、服に悩む時間が減った」「やせた? と言われた」「結婚がきまった」「仕事で昇格した」という女性が続出中。処女作の『いつもの服をそのまま着ているだけなのに、なぜだかおしゃれに見える』(ダイヤモンド社)はベストセラーとなる。


    いつもの服であか抜ける

    大人気スタイリスト山本あきこが教える「いつもの服であか抜ける」方法です。「家にある服」が、スタイリストのテクニックを使うと、「これ私のいつもの服だっけ!?」と驚くほどおしゃれなコーディネートに変わります。色の合わせ方、アクセサリーの使い方、それに着こなしで大変身。何も買い足さなくても、春のイメージチェンジをしましょう。

    「いつもの服であか抜ける」

    ⇒バックナンバー一覧