ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
香山リカの「こころの復興」で大切なこと
【第7回】 2011年5月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

「不謹慎にも笑ってしまう」のは
日常を取り戻すうえで健全である

1
nextpage

「こんなときだから」と普段の世間話などが封じ込められるのは危険です。逼迫した情況でも、人は普段と同じような世俗的なことを考えてしまうものです。そういう世俗的な部分を持ち合わせていることを認め合うほうが、健全です。

被災地では、
お葬式をやりたくてもできない

 ちょうど1年ほど前に、新書『葬式は、要らない』(島田裕巳著)が発売され話題になりました。そこから「直葬」が脚光を浴びることになります。家にも寺にも斎場にも行かず、亡くなった場所から直接火葬場に行くという形態の葬儀です。特に、東京では3割の比率で直葬が行われているという話も聞いたことがあります。

 しかし、震災後の現時点で考えると、お葬式をする余裕があったからこそのブームだったのではないかと思うのです。

 不謹慎な言い方になるかもしれませんが、被災地で起こっているのは「葬式は、要らない」ではなく、「葬式は、できない」という状況です。

 私が訪れた名取市でも、あまりにも遺体の数が多いために市内の火葬場では焼くことができなくなっていました。やむを得ず、東京や山形など遠く離れた地で荼毘に付し、遺骨だけ戻すという形の葬儀が行われているところもありました。東京に送られてしまうと、交通手段や費用がないために遺族が立ち会えないという事態も起こっています。

 被災地では、好むと好まざるとにかかわらず、究極の「直葬」が行われています。しかし、それは望んだわけではなく、それしか方法がなかったからです。

 お葬式をしたいのにできない被災地では、もちろん「お葬式はいらない」という声はありませんでした。お葬式をできるのにしないということは、ある種の贅沢なのかもしれないと、私は感じました。

お葬式の世俗的な側面が
遺族の悲しみを和らげる

 お葬式には、死者を供養すること以外に、グリーフケアの側面があります。

 グリーフケアとは、愛する人を亡くし悲嘆(グリーフ)にくれている人が、その事実を受け入れるまでのプロセスをサポートすることをいいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



 

香山リカ [精神科医、立教大学現代心理学部教授]

1960年北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒業。豊富な臨床経験を生かし、現代人の心の問題のほか、政治・社会評論、サブカルチャー批評など幅広いジャンルで活躍する。著書に『しがみつかない生き方』『親子という病』など多数。


香山リカの「こころの復興」で大切なこと

震災によって多くの人が衝撃的な体験をし、その傷はいまだ癒されていない。いまなお不安感に苛まれている人。余震や原発事故処理の経過などに神経を尖らせている人。無気力感が続いている人。また、普段以上に張り切っている人。その反応はまちまちだが、現実をはるかに超えた経験をしたことで、多く人が異常事態への反応を示しているのではないだろうか。この連載では、精神科医の香山リカさんが、「こころの異変」にどのように対応し「こころの復興」の上で大切なことは何かについて語る。

「香山リカの「こころの復興」で大切なこと」

⇒バックナンバー一覧