ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
街歩きがもっと面白くなる!東京23区の商店街―データでわかるパワーと魅力

世田谷区の商店街――大震災を機にさらに絆が深まる「人と地域の結節点」

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長],小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],東京23区研究所,フィルモア・アドバイザリー
【最終回】 2011年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月11日午後、最初の大きな揺れの後、幼い子どもを連れたお母さんが、世田谷区のある商店街事務所に飛び込んで来た。聞けば、近くのマンションに越してきたばかりだとか。まだ親しい人もなく、買い物のときに目にしていた商店街の事務所にとっさに足が向いたらしい。

 余震が続く中で、老朽化したこの事務所は、彼女にとって何よりの安心感を与えてくれる場所だったのだろう。悲惨な震災が、期せずして商店街の役割を浮かび上がらせた。

サンチャ、シモキタ、ニコタマ、チトカラ
世田谷区は「山の手商店街」の宝庫

 小売店舗数1位、専門店数も1位、商店街数は大田区に次いで2位。下町と比べると、概して分が悪い山の手の商店街だが、世田谷区は個性と元気に溢れる商店街の宝庫である。

 横綱はサンチャとシモキタ。三軒茶屋はお洒落さと親しみやすさが絶妙にマッチし、若者のまち下北沢には創業のチャレンジが渦巻く。大関格にはニコタマとチトカラが控える。再開発が進む二子玉川は、今年3月新たな商業施設がオープンし、玉川高島屋との相乗効果で湧きかえる。千歳烏山は、地域通貨型のスタンプサービスの先駆者だ。パワーのニコタマに対し、いぶし銀の技が光る。

 地域に根付いた活動では、きめ細やかなコミュニケーションを信条とする下高井戸と、商店街活動から地域活動へと輪を広げる用賀が両翼だろう。イベントでは、梅丘の「キャッツハロウィン」と松陰神社通りの「幕末維新祭り」が、共に東京商店街グランプリで受賞の栄誉に輝く。キャラクターなら、ウルトラマンの祖師谷にサザエさんの桜新町。どの商店街も取り組みのユニークさ以上に、しっかりと実績が伴っている。

 そんな世田谷区の商店街を代表する言葉は、「手づくり」。手づくり菓子屋の店舗数、販売額ともに1位。手づくりパンのベーカリーは、販売額こそ2位ながら、店舗数は1位だ。統計では数が追えないが、有機野菜や自然食品の店も多く、商店街の必需品の感がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池田利道 [一般社団法人東京23区研究所 所長]

一般社団法人東京23区研究所所長。東京大学都市工学科大学院修士修了。(財)東京都政調査会で東京の都市計画に携わった後、㈱マイカル総合研究所主席研究員として商業主導型まちづくりの企画・事業化に従事。その後、まちづくりコンサルタント会社の主宰を経て現職。

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


街歩きがもっと面白くなる!東京23区の商店街―データでわかるパワーと魅力

世は空前の「街歩き」ブーム。老若男女を問わず街歩きの人気スポットとなっているのが、古きよき時代の風情が漂う商店街だ。世界一の都市圏である東京と、その中心となる23区。それぞれの区の「区民性」も異なれば、そこに根付く商店街にも、それぞれ別の「顔」がある。そんな商店街のなかには、廃れるどころか新しい時代のニーズを採り込み続け、絶えず進化し続けているものも少なくない。本特集では、その区に住む人、その区を訪れる人を惹きつけて止まない商店街にスポットを当てて、そのパワーと魅力について、区や商店街に関連したデータと共に紹介する。東京の街歩きを楽し見たい人は、必見!

「街歩きがもっと面白くなる!東京23区の商店街―データでわかるパワーと魅力」

⇒バックナンバー一覧