ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
続・集客革命!Facebookのビジネス活用法
【第1回】 2011年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊坂仁美 [株式会社ソーシャルメディア研究所代表取締役]

なぜFacebookのファンは増えないのか

1
nextpage

日本におけるFacebookユーザーの伸びとともに、Facebookに取り組む国内企業が急増している。Twitterに続く新たな集客ツールとして、Facebookへの期待は高まる一方だ。しかし、Facebookを単なる広告宣伝の場ととらえ、従来の企業マーケティングの延長線上で行ってしまうと、逆にユーザーに嫌われることにもなりかねない。

ソーシャルメディア、そしてFacebookの登場によって集客のルールが変わりつつある。 この連載では、Facebookのビジネス活用、中でも「集客」にテーマを絞り、日々パワーアップするこの新しいメディアを使って、企業はどのように新規客を集めていけばよいかについて実例を挙げながら探っていきたい。

3.11以降の「ゴールドラッシュ」

 いまや世界人口の10人に1人にあたる7億人が登録する実名制ソーシャルメディアFacebook。しかし日本では「ネットは匿名で」という文化が根強くあり、実名登録を義務づけるFacebookは大きく普及が遅れていた。 しかし、ここにきて日本のユーザーが急増している。特に3.11以降の伸びは大きく、昨年末に190万人だったユーザー数は5月末の時点で340万人、1.7倍となった(図1)。

図1 半年間の日本のFacebookユーザー数の推移。2011年4月(3.11後)に大きな上昇が見られる。
データ:Socialbakes  http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/japan

 ナショナルブランド、航空会社、自動車メーカーなどを筆頭とし、国内企業も続々とFacebookに参入している。日本語によるビジネス用ページ「Facebookページ」の数は2万を超し、 広告代理店やウェブ制作会社などが次々と企業のFacebook導入支援に名乗りを上げ、毎週のようにどこかでFacebookセミナーが開催されている。いま日本の一部で、Facebookをめぐりちょっとしたゴールドラッシュのような現象が起きているのだ。

 一方で、こんな声も聞こえてくる。「遅れをとるまいとFacebookを始めたが、何を書いたらいいのかわからない」「思ったほどファン(登録者)が集まらない」「そもそもこれはビジネスに役立つのか疑問を感じる」etc…

 疑問を感じるのは当然だ。なぜならFacebookはもともとビジネス利用のために生まれたものではない。交流サイトなのだ。ユーザーの目的はあくまで人との交流、そして日常を面白くしてくれる刺激や、有益な情報を得ることなのである。ショッピングサイトのユーザーのように、買い物をしようという目的で来ている「お客さん」ではないのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


熊坂仁美 [株式会社ソーシャルメディア研究所代表取締役]

株式会社ソーシャルメディア研究所代表取締役。Facebookをはじめとしたソーシャルメディアのビジネス活用の実践研究家。定期的に渡米し、最新のソーシャルメディア動向をチェックしている。企業のソーシャルメディア導入および運営のコンサルティングを行う傍ら、ソーシャルメディアのビジネス活用についての企業研修や講演を 全国で行っている。独自理論「好感アクセス収益モデル」と海外事例の研究をまとめた『Facebookをビジネスに使う本』(ダイヤモンド社)は、Facebook、Twitter、YouTubeでの口コミにより発売前からアマゾン部門1位を取り、ベストセラーとなる。 「Facebook使い方実践講座」はこちら

 


続・集客革命!Facebookのビジネス活用法

ビジネスパーソンを中心に、日本でもフェイスブックユーザーが急増し300万人を超えた。フェイスブックページをビジネス目的で使う人・企業も増えてきたが、何を発信していけばよいのか悩む個人・企業は多い。
Facebookの実践研究家・熊坂仁美氏が最新活用事例と最強のツール活用法を伝授します(10週にわたりご紹介の予定です)。

「続・集客革命!Facebookのビジネス活用法」

⇒バックナンバー一覧