ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
チェーンストアエイジThe Interview

イズミヤ代表取締役社長 坂田俊博
収益力改善に向けて
既存店活性化に全力投球!

チェーンストアエイジ
【第37回】 2011年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

3ヵ年にわたる中期経営計画「change-i」へ取り組むイズミヤ(大阪府)。店舗や業務などの改革に力を入れてきたが、最終年度の今年はそれらを企業の競争力というかたちで成果を具現化してくると見られる。一方、今年は同社にとって創業90年という記念すべき年でもある。その中、坂田俊博社長に今後の事業展望について聞いた。聞き手/千田直哉(チェーンストアエイジ)

コスト削減が奏功し
前期の赤字を挽回!

イズミヤ代表取締役社長 坂田俊博
さかた・としひろ 1949年生まれ。73年イズミヤ入社。食品商品部長、店長、ロジスティックス統括部長などを歴任後、2003年取締役に就任。05年常務取締役営業本部長、06年専務取締役などを経て、07年代表取締役専務取締役に就任。09年から現職。61歳。

──3月1日から新年度が始まりましたが、すぐに東日本大震災が発生しました。震災の事業への影響について教えてください。

坂田 3~4月の既存店売上は対前期比1.6%増と、まずまずの結果でした。月別に見ると3月は同4.1%増、4月は同0.5%減。3月がよかったのは、前半に実施した創業90周年記念セールが奏功したためです。

 地震の影響は大変厳しいと感じています。4月に入りプロ野球が開幕してから少し雰囲気が変わりましたが、基本的には関西でも自粛ムードが続いている印象です。さらに原発問題の影響か、青果や水産部門の数字が悪い。食の安全性は確保されていると思いますが、原発問題の影響は目に見えないだけに、心理的に作用する部分が大きいのでしょうね。

──今期は中期3カ年経営計画「change-i(チェンジ・アイ)」の最終年度に当たります。

坂田 今期はこれまで同様に、基本をきっちりと実践していきます。具体的には低迷している既存店を底上げし、前年実績をクリアしたい。これまで業務改革や商品改革は、既存店の業績向上に主眼を置いてきたわけですから、今期も継続して取り組んで、何としてでも結果を出したいと考えています。

──2011年2月期の決算を見ると、連結の営業収益は3572億7400万円(対前期比3.1%減)、営業利益37億9400万円(同74.9%増)、経常利益25億6500万円(同174.7%増)で減収大幅増益となりました。

坂田 コスト削減効果が大きいですね。10年2月期が赤字決算となったのを受けて、11年2月期はあらゆる費用を見直しました。具体的には人件費はもちろん、店舗の清掃費や警備費、赤字店舗の家賃下げ交渉もしました。今期に入ってもこうした努力を続けています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チェーンストアエイジ

『チェーンストアエイジ』誌は、創刊40年を迎える隔週発行の流通ビジネスマン必携・必須の情報誌です。マーケティング&イノベーションにつながるビジネスヒントを満載。徹底的に現場を取材し、データにこだわることで流通業界内外において、キラリと異彩を放っています。GMS(総合スーパー)、食品スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンター、専門店チェーン、インターネットリテーラーほか、卸売業、製造業など最新・最重要なニュースとデータをご提供します。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


チェーンストアエイジThe Interview

『チェーンストアエイジ』誌の編集長が、折々、流通業界でもっとも注目されているトップに猛烈接近して、読者の聞きたいタイムリーな回答を引き出します。

「チェーンストアエイジThe Interview」

⇒バックナンバー一覧