ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

(2008年5月、四川)

 5月11日、上海を朝飛び立った飛行機は、正午前に成都双流空港へ着陸した。空港内で軽い昼食を済ませた男は、タクシー乗り場に並んで車内に乗り込むと、早速運転手と交渉を始めた。

 背広姿の立派な紳士は成都市内の一流ホテルへ向かうのだろうと、運転手は勝手に思い込んでいたが、指示されたのは、成都から150キロ離れている、とんでもない田舎町だった。茂県のような貧農地区に、この紳士はいったい何の用事があるのだろうか。今から茂県まで往き、夜には成都まで復る半日チャーターの条件に、少々余計に料金を吹っかけてみたが、紳士はあっさりと了解して、早く車を出すよう急かされた。

 茂県の小さな町から、さらに山間部へ入った農村部落にある小さな中学校。レンガ作りの2階建て校舎には教室が2つしかなく、生徒数の少なさが判る。割れた窓ガラスがテープで補修されており、その干乾びたテープのくすんだ色は、長いことガラス交換されずに放置されたままであることを物語っていた。

 ここは羌族の村である。人口11万人の茂県は、その8割以上を少数民族である羌族が占めていた。政府は少数民族への優遇措置を講じていると唱えているが、やはり人目につかぬ僻地教育までは十分な施しがなされていないようだ。

 あまり高く売れることが望めない唐黍や小麦、馬鈴薯などを山間部の狭い農地で耕す農民たちの収入は低く、自給自足に近い生活を送っている。

 日曜日であったが、農作業の手伝いのために休みがちな生徒たちの勉強の遅れを取り戻すため、休日も教室を開放して無償で補習授業を行う熱心な教員がいた。

 それでも、やって来たのは4名の生徒に過ぎなかった。他の生徒たちは今日も家の手伝いに汗を流しているのだろうと、その教員は胸を痛めていた。親や家族が悪いのではない、貧しさがそうさせるのだ。でも、それから抜け出るには、やはり教育しかない。自分が進むべき道を再確認した思いで、彼は子供たちへの視線に熱を込めて授業を行った。

 教室の壁時計を見ると、もう1時近くになっている。空腹を訴えることなく懸命に自分の声と黒板に注意を向ける子供たちを見て、彼らも勉強を渇望しているのだと満足したが、これ以上お昼をお預けにするのもかわいそうだと、補習授業の終了を告げた。

 「再見、老師(先生さようなら)」

 「明天見(また明日)」

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧