ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 運命回廊
【第50回(最終回)】 2011年7月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
村上卓郎

回廊の果て

1
nextpage

(2008年12月、上海)

 翌日、クリスマス。

 隆嗣は、コートの襟を立てて長風公園の湖の畔に佇んでいた。

 この公園も大きく様変わりしていた。水族館が建ち、子供が喜ぶ遊器具が緑を削って設けられており、立派な遊園地となっている。いい歳の男が一人で入るには恥ずかしいほどだ。

 しかし、この湖だけは、変わらずに残ってくれていた。寒風に晒されて寂しく左右へ枝を振る数本の柳も、あの時の光景のままだった。

 「今日でちょうど21年だ。俺もこんな中年男になってしまったよ」

 隆嗣が黒い湖面へ向かって囁いている。

 「君はずるいよ。思い出す君は、いつまでも若いままだ……。でも、もういいかな。今日、日本へ帰るよ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


村上卓郎(むらかみ・たくろう)

1965年生まれ。大学在学中に中国へ留学。会社勤務にて貿易業務と海外駐在を経験。現在は独立して貿易仲介業を営む。初めて書いた『認命(レンミン)――さだめ』が第3回城山三郎経済小説大賞で最終候補に残り、選考委員から絶賛される。


連載経済小説 運命回廊

〈第3回〉城山三郎経済小説大賞は、異例の2作品が大賞受賞。惜しくも選から漏れたものの、大賞作に劣らぬ魅力があると各選考委員から絶賛された隠れた名作があった。
その作品とは『認命(レンミン)――さだめ』。
バブル期の日本になじめず、中国に渡った青年は、なぜ中国に残ってビジネスを続けるのか――。共産党の支配下で急成長する中国経済をリアルに描いた話題の経済小説が『運命回廊』と改題して、ついにWEBで連載開始!

「連載経済小説 運命回廊」

⇒バックナンバー一覧