ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
脳疲労が消える最高の休息法
【第12回】 2017年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
久賀谷 亮

「同じこと」でイライラしがちな人は、頭の中に「サル」を飼っている

1
nextpage

睡眠、美容、子育て、集中力、ダイエット、禁煙、老化……など、幅広い有効性が認められているマインドフルネス。これを日本で最も広めたベストセラー『最高の休息法』に「医師監修の特別音源CD」を付属した実践編が登場した。その名も『脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]』――。その一部をご紹介しよう。

休まらないのは「脳内のサル」のせい?

ベトナム出身の禅僧で、世界的なマインドフルネス指導者であるティク・ナット・ハンは、南フランスにプラム・ヴィレッジというマインドフルネスの研修所をつくりました。

そこで行われる研修プログラムには、丸一日を休息のためだけに使うレイジーデイ(Lazy Day :怠ける日)が設けられています。何もスケジュールを入れず、各自が歩行瞑想や軽い読書をしたり、家族へ手紙を書いたりすることになっています。

マインドフルネスを集中的に行うためには、やはりある程度、まとまった休暇をとることも効果的です。『脳疲労が消える 最高の休息法[CDブック]』の巻末には特典として「5日間休息プログラム」もつけておきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

一方、週末に「思いっきりダラダラするぞ!」と張り切って休んだはずなのに、翌朝になると、なぜかいまひとつ疲れがとれていない……なんて経験はありませんか?

身体を休めていても、肝心の脳を休められていないわけです。こんなとき、せっかくの休暇を無駄にしたようで、とても残念な気持ちになりますよね。

つねに脳内が雑多な考えで満たされているこの残念な状態を、マインドフルネスの世界ではモンキーマインドと呼びます。サルが頭のなかでキーキーとうるさく騒いでいるイメージですね。このサルたちに静かにしてもらう方法をご紹介しましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

加谷珪一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
世界のお金持ちは、どうやってお金持ちになったのか? 実はお金持ちだけが知っている「お金持ちになる王道」があった! ビル・ゲイツ、イングヴァル・カンプラード、松下幸之助、坂本孝……彼らに共通するお金持ちになるための必須の資質とは? 億万長者との対話でわかったお金持ちになる秘密を大公開!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



久賀谷 亮(くがや・あきら)

医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経科卒業。
アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、
イェール大学で先端脳科学研究に携わり、
臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。
そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。

2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。
同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、
最先端の治療を取り入れた診療を展開中。
臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。

脳科学や薬物療法の研究分野では、
2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、
「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。
主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。


脳疲労が消える最高の休息法

【大反響!シリーズ20万部突破!!】いちばん売れてるマインドフルネス本に「CDブック」が登場!! 「世界一受けたい授業」に出演した米国医師が監修した「特別音源」を聞くだけで、脳の疲れが消えていく……スポーツ界・芸能界でも実践者続々!! 睡眠・美容・子育て・勉強・ダイエット・運動・老い…あらゆる面で効果を実感する、最強の科学的メソッド!

「脳疲労が消える最高の休息法」

⇒バックナンバー一覧