ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

ファンドマネジャーとコンサルタント

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第183回】 2011年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ファンドマネジャーとコンサルタント、あるいは運用会社とコンサルティングファームであってもいいが、両者はよく似ている。

 まず、どちらの仕事も顧客がいなければ、どんなに有能であっても成立しない。共に、優れた仕事をしていれば、客のほうから寄ってくるものだと涼しい顔をしてやっていきたいビジネスだが、実際にはその成否の大きな部分は営業活動に依存する点が共通だ。

 特に、近年、投資信託のような大衆向けのプロダクトは、商品企画と商品の売り方といったマーケティング戦略に大きく依存している。運用会社はコンサルタントにとっての上客(カモ!)になりうることを付け加えておこう。一方、投資家の側では、マーケティングの手口をよく知って、自己防衛に努めることが大事な点は、本欄で何度も述べているとおりだ。

 また、運用会社もコンサルティングファームも、「有能な個人」が大事な商品になる点が共通だ。顧客は、自分が投資するファンドのファンドマネジャー個人の手腕に付加価値があると信じて大事なおカネを託すわけだし、コンサルティングファームでも顧客は個々のコンサルタントの能力と仕事ぶりに期待する。

 そして、両者は宗教法人型のビジネスモデルである点が共通だ。

 運用会社の顧客は、うまくいくかどうかわからない運用におカネを投じる。コンサルティングファームの顧客も、コンサルタントが何を提供してくれるかを正確には知らずに契約を結ぶ。何をしてくれるのかを完全に知っていたら、コンサルティングを依頼する必要がない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧