ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

海賊版地図でも安さが一番!
自動車大国・中国でお手軽カーナビ大人気

山谷剛史 [フリーランスライター]
2010年1月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2009年、中国での自動車生産販売台数は1300万台超で世界最大の自動車生産国となり、かつ自動車市場としても世界最大となった。

 これだけ売れればカーナビも売れる。中国電子信息産業研究院(CCID)は、「毎年300万人超が新規カーナビユーザーとなっている。1台平均を1000元(約1万3000円)で計算すれば、中国カーナビ市場は30億元(約390億円)規模の市場となる。2012年には622万台が売れるだろう」と発表している。昨年末には、家電の巨頭ハイアールもカーナビ市場参入を発表した。

 ちなみに中国でカーナビは、日本で主流の据付型ではなく、安価で手軽に持ち運べるPND(ポータブルナビゲーションシステム)のシェアが圧倒的だ。そのためこの記事ではPNDに絞って紹介する。

PC周辺機器メーカーが
競ってPNDを発売

PNDを売るショップ

 中国の電脳街には、だいたいPCショップが密集する電脳ビルの1フロアに5店~10店程度、PNDを売る店がある。電脳街では、ソニーやレノボなどのPCメーカー代理店と、ポータブルプレーヤーやUSBメモリなど雑多な商品を販売する2種類の店舗があるが、PNDの販売店は後者であり、ポータブルプレーヤーやUSBメモリなどと一緒にPNDを発売している。

 つまりPNDが売られているのは、中国の若者でも気軽に買える100元以下のmp3プレーヤーやUSBメモリを売る個人商店だ。CCIDの発表でも、PNDの平均価格は1000元としているように、据付型のいわゆる本家カーナビよりもPNDはずっと気軽に買えるものとなっている。今やPNDは集客力のある主力商品なのか、店の一番目立つところに置いている。

 PNDの発売メーカーは、日本では無名だが、中国ではPC好きには知られる「愛国者」や「紐曼」などの著名なPC周辺機器メーカーだ。もう少し具体的に言うと、以前はmp3プレーヤーなどのポータブルオーディオプレーヤーやポータブルビデオプレーヤーを発売していたメーカーである。その意味では、中国のカーナビはPCを利用する若者向けの製品であるとも言えるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山谷剛史 [フリーランスライター]

日本人の立場から中国のIT事情を紹介する。執筆の他、講演も行う。著書に「新しい中国人 ネットで団結する若者たち」(ソフトバンク新書)


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧