ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金をふやす8つの習慣
【第13回】 2017年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
生形大

リスクは怖がるのではなく
そなえてコントロールする

1
nextpage

日系企業を経て、外資系証券会社へ勤務後、お金のふやし方を学び、現在、1億円を超える年収がある著者:生形大氏が書いた『9割の日本人が知らないお金をふやす8つの習慣』。本連載では、本書の内容のダイジェストで構成したものを紹介する。

リスクとリターンは表裏一体の関係

 投資にはリスクがつきものです。リスクがなればリターンもありません。
 たとえば銀行の定期預金にはほとんどリスクがありません。銀行が倒産したとしても1行につき1000万円までの預金は保護されるルールになっているからです。その代わりに得られるリターンは微々たるものです。

 株式投資では、買った株の値動き次第で大きなリターンが狙えます。数日のうちに株価が倍になることもあります。その反面、株価が大幅に下落したり、ゼロになったりするリスクもあります。

 このようにリターンとリスクは常に表裏一体の関係にあります。リスクが高い商品はリターンも高く、リスクが低い商品はリターンも低いのが原則です。

自分でコントロールできるリスクと
どうにもできないリスクの違い

 リスクには自分でコントロールできるリスクとできないリスクがあります。
 元金を減らしたくないと思ったとき、たとえば株式投資の場合は、銘柄を分散することによって、会社の倒産や暴落のリスクを低減することができます。分散する数が多ければ多いほど、全体として値動きがマイルドになります。

 しかし、リーマンショックのように相場全体が下がる出来事が起きてしまった場合は、いくら分散していても大きな損失は免れません。ほとんどの素人投資家はその1回の思わぬ損失で多大なダメージを被り、マーケットから退場を余儀なくされます。

 本当にリスクをコントロールするなら、そのようなショック相場が起こることも想定して空売りを織り交ぜるなど、より高度な分散をする必要があります。

 証券会社によっては、株価が設定した金額以下になった場合に、自動的に売却できるストップロス注文を設定できる場合もあります。ストップロスを設定しておくと、損失を最低限に抑えることができます。

 また株式投資だけでなく、債券や金などの実物資産などを織り交ぜることでより分散を図れます。さらに投資対象とする国も、国内外を交ぜれば国際分散投資になります。 ただしそういった分散投資を素人が行うにはハードルが高く、分散するために多くの軍資金も必要になります。そして分散するとリスクは小さくなりますが、結局リターンも小さくなるというジレンマがあります。

次のページ>> FXで400万円
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    お金のウソ

    お金のウソ

    中野晴啓 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    誰も教えてくれなかった「お金の真実」!親の言うことを聞いているとお金が減る。 20代、30代がこれから生き抜くための本当に必要で最低限の知識。 成長なき「成熟経済」の時代に、お金を着実にふやして、守り、安心を手に入れるには、 預金、保険、銀行、投資…お金をふやすには、どうつきあうのが正解?

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    生形大

    1977年8月生まれ 富山県富山市出身。横浜国立大学工学部建築学科卒 横浜国立大学大学院修了。外資系証券(バークレイズ証券・JPモルガン証券)出身の投資家。現在、国内12棟189戸、海外3戸、都内の戸建て・区分マンション4戸の不動産を所有。不動産以外にも株・FX・先物・オプション取引・オフショアファンドなどあらゆる金融商品に精通。現在は資産運用の専門家として独立し、成功者続出の投資家を養成するスクールの運営、不動産投資セミナーの人気講師として、経済的、時間的な自由を志すサラリーマンに指導を行っている。主な出演メディアにサタデープラス(TBS系列)。主な著書に『年収1億円を生み出す[ハイブリッド]不動産投資 』(ぱる出版)がある。

     


    お金をふやす8つの習慣

    学校でも、会社でも、金融機関も教えてくれなかった お金をふやすための考え方を身につけよう! 日系企業から外資系金融機関への転職をした著者が、学んだ日本人が知らないお金の常識とはどんなものなのか? 外資系証券会社に勤めているエリートたちの考え方と、日本人のお金の貯め方、使い方、リスクへの考え方は180度違っており、借金やリスクの考え方、自分だけでなく「お金にも働いてもらう」、そしてフロー収入とストック収入の違いなど、本連載では書籍『9割の日本人が知らないお金をふやす8つの習慣』から、参考になる部分を抜粋して紹介していく。

    「お金をふやす8つの習慣 」

    ⇒バックナンバー一覧