ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up

外交交渉で日本が“歴史的勝利”
巨大金融機関めぐる攻防の舞台裏

週刊ダイヤモンド編集部
2011年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

6月下旬、世界の金融監督当局で構成されるバーゼル銀行監督委員会の首脳グループ会合で、巨大金融機関に対する資本規制の枠組みが固まった。その中身は、邦銀にとってはいずれも受け入れやすい条件となっており、外交オンチの日本としては快挙といえた。金融庁を中心とした日本の金融当局はどう動いたのか。

金融庁はG-SIFIs選定の独自案作成に当たり、メガバンクなどから知恵を借りた。行員に「邦銀と欧米銀の違いを1人10個以上持って来い」と、指示を出して協力した銀行もあったという
Photo by Toshiaki Usami

 「邦銀に都合のよい指標になっている」「金融危機を招く直接の原因とは関係ない」──。

 日本のメガバンク3行の命運を握るであろう国際交渉の場で、日本の金融当局が提案した金融規制の独自案は、世界20ヵ国以上の当局関係者から袋だたきにあった。

 それでも日本側に焦りはなかった。なぜなら、反発が起こるのは織り込みずみだったからだ。

 中世の街並みがいまなお残るスイス・バーゼル。この国際都市を舞台として、リーマンショック後、水面下も含め2年にわたって続いたこの交渉はその後、日本が敷いたレールの上で議論され、6月25日、バーゼル銀行監督委員会の首脳グループ会合でついに大枠の合意に至った。

 結果を聞いたメガバンク首脳は「日本の金融外交史上、初めての歴史的な勝利だ」とほめ称えた。

 というのも、合意内容には日本のメガバンクに有利な文言が並んでいたのだ。国際交渉の場で長年、外交オンチと評されてきた日本政府にあって、その汚名を返上する快挙といっても過言ではなかった。

報酬体系は“捨て駒”
基準は日本の思惑どおり

 交渉の狙いは、「too big to fail」(大き過ぎてつぶせない)とされた世界的な巨大金融機関である「G-SIFIs(ジーシフィーズ)」の規制強化だった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧