ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
年上の部下とうまくつきあう職場のルール
【最終回】 2011年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

年上部下と上司、どちらが上座に座るべき?
職場の士気を高める飲み会のルール

1
nextpage

年下上司が意外と頭を悩ませる職場の飲み会。コミュニケーションを図って、メンバーの士気を高めたいが、どうしても年上部下に気を使ってしまう。上座に座ってもらうべきか、どんな話題を振ればいいのか……? 連載最終回は、職場を元気にする飲み会のルールを紹介する。

ルール1
話題は慎重に選ぶ

 「40代の年上部下は、会議をそ知らぬ顔ですっぽかしたり、社内でのネゴを怠って大切なクライアント相手に平気で納期トラブルを起こしたりするんです。他のメンバーと口を聞くこともなく、チームでも浮いた存在になってしまっています」

 こう話してくれたのは、メーカーの営業部でマネジャーを務める30代前半の年下上司です。

 「なんとかコミュニケーションを図ろうと、飲み会を開いたのですが……。結局、ひと言もしゃべってくれないどころか、何かが気に障ったのか、断りもなしに途中で帰ってしまいました。本当に何を考えているのかわかりません」

 上司としてメンバーの士気を高めたい。そんなときに、飲み会を開くこともあるでしょう。その際、注意したいのが「話題の選び方」です。

 企業の元気度は「飲み会と会議に表れる」と三菱総研の松田智生さんは言います。松田さんは、三菱総研が主催するプラチナ社会研究会で、高齢化・環境問題などを解決する新産業創造に携わり、元気なシニアに数多く接した経験から、ミドルマネジャーに対して、示唆に富む数々の提案をしています。

 職業柄、さまざまな企業や官公庁の人と接点のある松田さんによれば、コミュニケーションがとれていて、建設的で活発な議論が交わされている良い職場の飲み会には、次の3つの要素があるといいます。

①飲み会に参加する人数が多い
 強制されずとも、若手社員からベテラン社員まで、幅広い年齢層が参加する傾向が見られます。

②夢のある、未来志向の議論がなされている
 たとえば、「うちの部署はこうあるべきなのでは」「ベンチャーが入ってきたらどうなるんだ」といった、「未来」や「外向き」の良い意味で青臭い議論が交わされます。

③職位や年齢を問わず意見交換が活発
 上司部下の役割のとらわれず、若手の青臭い意見にも上司が説教したりせず、真剣に耳を傾ける光景が見られます。

 それに対し、議論が不活発で、責任を取る人が誰もいないような職場の飲み会は、次の3つのような特徴があります。

①出席率が低い
 毎回、同じ顔ぶればかりで、一次会だけ出席してサっと帰るなど、明らかに飲み会を避けている様子が目立ちます。

②話題が過去の話に終始する
 「若いときは、土下座をして仕事をとった」という上司の自慢話やグチ、あるいは人事に関する「過去」で「内向き」の話題が圧倒的多数。「うちの部署でこんなことできませんかね」と若手が発言しようものなら、「お前はわかってない」と説教されてしまいます。

③上司や年長者が発言する機会が多い
 上司や年長者が一方的に話すのを、若手がうなずきながら聞いているだけというパターンが多いそうです。

 週に1回、2~3時間飲めば、月10時間程度、年間120時間も話し合っている計算になります。社員同士でこれだけ討議するというのは、社運を賭けた一大プロジェクトでもない限りありえません。

 飲み会の時間を最大限に活かすためにも、上司は飲み会のファシリテーターとして、「未来」や「外向き」の話題を選ぶようにすべきです(参考:飲み会不活性原因上司 三菱総研 松田智生)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

株式会社FeelWorks代表取締役、青山学院大学兼任講師。
1966年兵庫県明石市生まれ。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。株式会社リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」等の編集長を歴任後、多様な働く人の価値観に精通した知見を活かし、2008年に株式会社FeelWorks設立。コミュニケーション循環を良くすることで温かい絆を育み組織の体質を変えていく「コミュニケーション・サイクル理論」(CC理論)を構築。「絆」と「希望」作りによる人材育成というユニークなコンセプトで話題を集め、『上司力研修』『キャリアコンパス』『Feelリーダーシップ』など独自プログラム、人間味溢れる講師育成にも力を注ぎ、多くの企業で好評を博している。
その親しみやすい人柄にファンも多く、人を育て組織を活かす「上司力」提唱の第一人者として自ら年間100本超のセミナーもこなす傍ら、テレビコメンテーター、コラム連載などでも活躍中。現場視点のダイバーシティマネジメント、リーダーシップ開発、キャリア論に定評がある。
主な著書に『若手社員が化ける会議のしかけ』(青春出版社)、『女性社員のトリセツ』『上司力トレーニング』 (共にダイヤモンド社)、『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』(光文社)、『はじめての上司道』(アニモ出版)、『頭痛のタネは新入社員』(新潮社)、『組織「再起動」プログラム』(ビジネス社)など多数。2011年度から青山学院大学で「キャリアデザイン特別講座」の教鞭もとる。

ブログ 「前川孝雄の“はたらく論”」 http://ameblo.jp/feelworks-maekawa/
ツイッターアカウント @feelworks

 


年上の部下とうまくつきあう職場のルール

年上の部下の扱いに悩む管理職が急増中! お世話になった先輩や、出世ラインから外れたベテラン社員が自分の部下になる……。そんな状況が当たり前になってきている今、多くの管理職が「やりづらい」「どう接したらいいのか」という悩みの声を上げている。
そんな管理職たちが抱える悩みを解消するための秘策はあるのか。年上の部下とうまくつきあっていくための職場のルールとは一体どんなものなのか。年間100本超の企業研修、セミナーをこなす大人気の人材育成コンサルティング会社代表が解説する。
 

「年上の部下とうまくつきあう職場のルール」

⇒バックナンバー一覧