ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

アジア最強のLCCと会社設立
拡大する全日空の格安航空戦略

週刊ダイヤモンド編集部
2011年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
今回ANAが組むのはLCCの雄エアアジア(写真はCEO)
Photo:AFP=時事

 今年1月に中国の投資ファンドと共同で関西国際空港を拠点としたLCC(格安航空会社)「ピーチ・アビエーション」を立ち上げたばかりの全日本空輸(ANA)が、新たに成田空港を拠点とする別のLCCを設立する。

 提携相手は、アジア最強のLCC・エアアジア(マレーシア)。新会社の社名は「エアアジア・ジャパン」となるが、50億円の資本金は折半する。

 ただし、日本の航空法では外資の出資比率を3分の1未満に抑えることとなっているため、議決権はANAが67%を握り、エアアジアは33%。エアアジアは残りを、議決権のない優先株として保有する。

 新会社の設立は8月中、そして来年8月には就航開始を目標とする。路線などは未定だが、国内線・国際線ともに運航する予定だ。関係者によると「アジアのみならず、オセアニアやハワイなど、中距離路線も視野に入れている」という。価格は、通常のエアラインの3分の1から4分の1程度となる見込みだ。

 エアアジアとの話し合いは、じつは3年以上前から始まっていた。故・山元峯生前社長時代から、LCC到来に危機感を持っていたのだ。エアアジア側としても、発着枠がタイトな日本では、提携によってANAの発着枠を使えるというメリットがある。

 ピーチと違い、今回の提携相手はLCCの雄。ノウハウはふんだんに持っている。将来的には売上高2000億円超、営業利益率12%超を見込むなど、鼻息は荒い。JALもLCC設立を検討しており今後、急速にLCCが航空業界のメインキャストに躍り出ることになりそうだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 津本朋子)

週刊ダイヤモンド

 

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧